フジモン、ユッキーナとの収入格差について真相を語る 実はニコルにもKO負け?

7月6日に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、ネットで話題となっているFUJIWARAの藤本敏史(45)と木下優樹菜(28)夫妻の収入格差についてピックアップ。水曜キャスターの藤田ニコル(18)が藤本本人に真相を聞いた。

藤本によると、この収入格差は「事務所の違い」からきているのだそう。奥さんが1年間契約している仕事のギャラを知ることがあり、それと同じくらい吉本で稼ぐためには、ルミネの舞台に800回くらいでなければいけない、という話をテレビでしたところ、ネットニュースになったと明かした。

実はこの話は6年ほど前のことだそうで、これらの話を聞いたニコルは「実際収入いくらあるの?」と質問。藤本は「めっちゃストレート!それで、なんぼやで!って(収入を)言うわけないやんか」と返すと「コソコソでもいいから」と、なんとか聞き出そうとするニコル。


すると藤本が「逆に言うて!」とニコルの収入がいくらか聞き出そうとし、「うち、わかんないもん。ママに聞いて」と言い始めたため、「じゃあ俺、ママに言うわ。それでママにニコルの収入を聞くわ」と、なぜかニコルのママが仲介役になることに。

しかし、「俺聞きたないわ〜。(ニコルより収入が)下やったら最悪や〜」と、言ったそばからビビり出す藤本。開き直ったのか「負けてる可能性あるよ。ええ事務所やもんな!」と嫌味気味に言い始めると、ニコルも「国民的美少女」と張り合ってみせた。


最後に藤本は、スタジオのカンペに書かれた「OK」が逆さまになっていたことで「KO」と見え、「ギャラの格差で俺がKO(ケーオー)くらったみたいになってるからやめて!!」と指摘していた。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:00〜19:20「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000