上島竜兵、女性リポーターにキス寸止め 「震えがちになりながら来た」

お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部が5日、森永製菓「チョコボール 新おもちゃのカンヅメ発表会」に出席。その際の囲み取材で、上島竜兵(55)が芸能リポーターの長谷川まさ子氏(53)に、“伝統芸”であるキスを迫り、寸止めで終わる場面があった。

同日のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』では、芸能リポーター・駒井千佳子氏(50)が 「長谷川さんなら行くと思った」とコメントし、自身は上島の“相手役”として心づもりは万全であることをほのめかしていたが、これをスポーツ報知がピックアップ。翌6日の同番組に出演した長谷川氏は、MCの南圭介(30)らとともに、改めてイベント時の映像を振り返り、“寸止め”だったかどうかを審議した。


上島は、芸のお決まりとなっている“口論”をふっかけながら長谷川氏に接近。長谷川氏は完全に“待ち”の姿勢だったが、上島は、至近距離になってから照れ笑い。慌てたように顔を離し、元の立ち位置に戻っている。


このときの現場の様子について、長谷川氏は、「実は上島さん、本当に良い人なんで、すごい躊躇するんですよ、相手を気にして。だけどリーダーとかみんなが行けっていうし、みんなもそれを望んでいるから、震えがちになりながら来てくださる。いつも帰るときに、『ごめんね』って言って、帰るんですよ。だから私は、いつも『ありがとう』って言います」と報告。


番組に寄せられた、「避けてない!」というコメントに対し、「みんなが今度行けって言ったら、(自分から)行くわ~」と次なるチャンスの時には“待ち”にとどまらず、積極的に攻めることを宣言していた。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000