美人気象予報士が指先で”タップタップ” 筋肉の動きに反応する「MYO」楽しむ

AbemaTVの報道番組「AbemaPrime」では元・NMB48の山田菜々と番組アシスタントの菊池友里恵、そして、気象予報士の穂川果音の3人がこれから流行るであろう最新ガジェットを紹介するコーナー「コレ来る? ガジェット」が放送された。



今回紹介されたのは「MYO(マイオ)」。この「MYO」はアームバンドのような形状で、腕の筋肉の電気信号を検知し、腕、手首、指の動きのジェスチャーだけで、パソコンやスマートフォンを触っていないのに操作ができる商品だ。

パソコンやスマートフォンのみならず、ラジコン操作やコンサートでの使用、さらには手術にまで応用が可能だという。



実際に腕に「MYO」をつけた菊池がパソコンを使ってプレゼンを始めた。腕や手を動かしてパソコンを操作をするもなかなかうまくいかず。慣れれば簡単にページがめくれたり、ポインターの役割もできるというとても優れモノだ。



続けて穂川が「私も使ってみたい」とおねだりすると、山田にゲームを勧められた。開始するとすぐにゲームオーバーを迎えたが、「でも、すごく楽しい!」と、穂川はご満悦の様子だった。



この後で山田が「小籔さん、MYOで何か操作してみたいものはありますか?」と質問すると、MC・小籔千豊は「そうですね、3人を黙らしたいと思います」と言葉を放った。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000