米倉涼子の離婚問題 『ドクターX』の22%という高視聴率が与える影響

女優米倉涼子(40)が7月3日に主演として登場したドラマ『ドクターXスペシャル外科医・大門未知子』が、今年の民放ドラマ最高視聴率の22.0%を記録した。これを受けて、5日に放送されたAbemaTVの芸能情報番組『芸能㊙チャンネル』では、米倉の離婚問題について言及された。

この件について話したのは、芸能リポーター・駒井千佳子氏だ。元々米倉は2014年末に年下のイケメン実業家と結婚したものの、2015年3月には結婚から3ヶ月で別居&離婚報道が得た。一部週刊誌では「モラハラ」があったとも報じられた。


現在、双方が弁護士を立てて協議中。米倉が夫に虐げられていたという話もあり、その直後から、夫は大阪での事業のために東京を離れるので、完全に会わない状況にもなったという。離婚は早いと思われていたものの、話し合いが膠着状態になり、夫は離婚の話合いの場に立っていない。

それから1年4ヶ月、駒井氏によると双方が協議中で、米倉が夫に慰謝料を払ってでも別れるのではないかとの見解を述べた。


駒井氏は、昨年の10月から連ドラで『ドクターX』が復活する話はあったものの、離婚問題を抱えていたため、すんなりと復活するには同ドラマのキメゼリフがネックになったという。それは「私、失敗しないので」というもの。そして、駒井氏はこう語る。

「離婚騒動のさなか、『失敗しない』は言いづらいです。それが本当かどうかは分からないですが、今回22%というすごい数字を取ったので、米倉さんは他の人を黙らせるだけのものを出しました。何も寄せ付けない女優ですよ、ということ。離婚を10月のドラマの前にするのでは? という憶測もありますが…。というか、今離婚しなくても次のドラマに影響はないのでは? ということです。ご本人に会った人によると、今まで通りの明るくて元気な米倉さんだったそうです。相変わらず皆で会ったりワイワイ飲むのが楽しいそうで、10月が楽しみです」


特番の22%は米倉にとって追い風となったようだ。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000