配信楽曲もグラミー賞候補に!『XXL Magazine』がグラミー賞受賞に匹敵するミクステを発表!!

5月にストリーミングで無料配信されたChance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の最新ミックステープ『Coloring Book』が、あらゆるメディアやリスナーから”傑作”とみなされ、6月16日にグラミー賞を運営するレコーディング・アカデミーが、これまでノミネートの対象にならなかったストリーミング配信限定の楽曲やアルバムを、今後選考の対象に加えるとアナウンスした。そんな中、USの有名ヒップホップ誌『XXL Mgazine』が、ここ最近に発表されたグラミー賞の匹敵するクオリティのミックステープを発表した。

5月にリリースされたシカゴ出身のラッパー・Chance The Rapperの『Coloring Book』は、soundcloudで無料で公開され、後にApple MusicやSpotify、TIDALなどでも配信が開始された。そして、その視聴回数がグイグイと伸び、あっという間にビルボード・アルバム・チャートの8位にランクイン。そして、配信のみで初のトップ10入りという歴史的快挙を成し遂げたのです。

Chance The Rapper『Coloring Book』

最新作『Coloring Book』は、ゴスペルを昇華したテイストの曲やしっとり聴かせるR&Bテイストなものまで、全体的に高揚感に包まれる暖かい作品になっている。そして、客演にはKanye West(カニエ・ウェスト)やLil Wayne(リル・ウェイン)、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、Young Thug(ヤング・サグ)、Future(フューチャー)など今の音楽シーンを代表する猛者が集結。ヒップホップリスナーだけでなく、全音楽ファンを虜にした今作は、必聴の1枚だ。

G Herbo『Ballin’ Like I’m Kobe』

Lil Herb(リル・ハーブ)からG Herbo(G・ハーボ)に改名したシカゴ出身のラッパー。2014年に公開された『CONCRETE GREEN』企画のDJ KENNプロデュースの楽曲「Chirap 2 Japan」では、KOHHやSEEDA、NORIKIYOとともにG Herboも参加していることから、名前だけなら知っているという人も多いだろう。獣のようにビートに喰らい付くG Herboの独特なラップからは、アメリカで一番危険な都市とも言われているシカゴで育ってきた背景が、どこかしら感じ取れる。ちなみに、シカゴの高校生が授業中に先生の注意を無視してまで、G Herboの『Ballin’ Like I’m Kobe』を聴き続け、停学になったという話も話題になりました(笑)。それだけ、虜にある1枚ということです。

Lil Yachty「Lil Boat」

アトランタ出身の18歳のラッパー・Lil Yachty(リル・ヨッティ)。ミックステープにも収録されている『1 Night』という一晩だけのワンナイトラブを歌った曲が、バズり一躍有名人に。そして、オシャレなヴィジュアルにも注目が集まっており、Kanye Westの『Yeezy Season3』のファッションショーや『The Life of Pablo』のリスニングパーティにもモデルとして登場しているのです。さらに、『XXL Magazine』が選ぶ恒例の注目の新人ラッパー10人にも選出されました。

Young Thug『SLIME SESON』

リスナーが追いつかないレベルで、次々とミックステープをリリースし、常にシーンの最前線にいるアトランタ出身のYoung Thug(ヤング・サグ)。どっから出てるのかわからないハイトーンボイス、予測不可能なフロウと動き、個性的なファッションとすべてにおいて、まさにオリジナル!「一曲作るのに8分でできる」とインタビューで豪語するように、リリースペースは底を付きない。『SLIME SESON』シリーズももちろん傑作だが、Young Thug・Birdman・Rich Homie Quanのユニット”RICH GANG”のミクステ「Rich Gang:Tha Tour Pt1」も見逃せない作品になっている。

他にも、フィアデルフィア出身の注目若手ラッパー・Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)の『Lil Uzi Vs The World』、メジャーレーベルのAtlanticと契約を交わし、メロディアスなスタイルが魅力のKAVIN GATE(ケビン・ゲーツ)の『Muder For Hire Ⅱ』、オークランド出身のフィメールラッパー・Kamaiyah(カマイヤー)の『A Good Night in the Ghetto』、7月29日に行われる『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO』にも出演が決まったFrench Montana(フレンチ・モンタナ)の『WAVE GODS』、フロリダ出身19歳のラッパー・Kodak Black(コダック・ブラック)の『Lil big pac』が選出されている。

ストリーミング配信が重要な位置を占めるようになった今の音楽業界。USではストリーミング限定で楽曲をリリースするアーティストが多くいるだけあって、今回のグラミー賞の改定は音楽業界に大きな変化をもたらすことは確かだ。ここで紹介したミックステープは、どれも無料で聴けるので、是非一度チェックしてもらいたい。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000