高知東生と逮捕直前に食事した井上公造 「ハッキリ言って迷惑」

元俳優・高知東生容疑者(51)が覚せい剤取締法違反等で逮捕されたことを受け、逮捕の少し前に食事をしていた2人が正直な思いを吐露した。その2人とは、AbmeaTVの芸能情報番組『芸能㊙チャンネル』に出演する芸能リポーターの井上公造氏(59)と俳優の南圭介(30)。

2人は、6月7日に高知容疑者と3人で食事をし、その模様は高知がSNSで報告するなどしていた。また、高知容疑者の妻である女優・高島礼子(51)は尿検査の結果が陰性であることも7月4日に明らかになった。井上氏はこのことについて同番組内で憤りを隠さなかった。

「僕らも陰性だと思っていたので、びっくりはしません。僕も長いこと取材をしていますが、芸能人の人が尿検査を受けたというのを自ら話したという記憶はないです。(女優であれば)あまり喋りたくないことですよね? それを敢えて話したというのは、包み隠さず話そうという意思の表れだと思います。そして、南君と僕と高知容疑者と一緒にご飯を食べたこともあります。そういうお付き合いがあり、プライベートも含めて親交のある夫婦だったんです」


南は6月7日の食事会においては、覚醒剤のことは一切分からなかったと述べていたが、井上氏もその兆候はその時分からなかったようだ。井上氏は、高知容疑者の浮気、クスリについても憤っていたものの、あの高島礼子にあそこまで謝罪させたことが許せなかったという。そして南の方を向いてこう続けた。

「あの日、ご飯食べたじゃない。そもそも(高知容疑者が)エステ店を出すということだったよね。前、番組で電話で出てくれたじゃない? お礼も含めてご飯を食べようとなってあの会になったわけでしょ? 僕連絡先も知らないから(南君に)間に入ってもらってご飯を食べた。テンション高かったけど、僕らからすると彼のテンション高いのは普通じゃん?」

南もこれについては「いつものことです」と同意。そして井上氏はその日の様子をこう振り返った。

「あの時、彼は薬物をやっていたわけですよ。いや、あの日というわけではなくその期間的にね。なんで、芸能リポーターの僕とご飯に行こうと思ったのかな?」

番組にゲストしていたお笑いコンビ・さらば青春の光・森田哲矢(34)は「捕まった時に『ありがとう』といったのは、気付いて欲しかったのかなと思いました」と今回の事件の印象を語っていた。


なお、井上氏は、高知とは20年ほどの付き合いがあるようだが、これまでは連絡先の交換したことがなかったという。食事会の日はLINEの交換をし、これはひょっとしたらSOSを出したのかと思ったそうだ。また、井上氏はさらなる憤りも語った。

「高島礼子さんという素晴らしい奥さんを裏切ったのは許せない。あとは、南君となぜご飯食べたのか? オレはマスコミだから食べてもいい。それなのに、今から頑張っていこうという若手の役者を巻き込んだ。ハッキリ言って迷惑。でも大好きで尊敬していた先輩だから南君は行った」


このように、交流があったことにより、南に余計な憶測がいくことを井上氏は危惧した。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000