R-指定チーム・HIDADDYが奇跡のパンチライン ダチョウ倶楽部「ヤー!」【フリースタイルダンジョンモンスターウォー・Bブロック】

日本を代表するラッパー・通称「モンスター」と全国各地の挑戦者が賞金をかけてフリースタイルラップでバトルする『フリースタイルダンジョン』。その特別編として開催されたのが『モンスターズウォー』だ。ヒューマンビートボクサー・太華が主催するバトル『ブレス式 presents AsONE』の方式を取り入れ、今回は6人のモンスターがチャレンジャー2人とそれぞれチームを組んでトーナメントを行う。

予選は6チームがA、Bブロックに分かれ、3チームが3ラウンド制の総当たり戦を行う。各ブロックの勝者が決勝戦で賞金を奪い合う。試合は8小節3ターンのビートで3本勝負を行い、2本先取したほうが勝利となる。審査員が満場一致で勝者を選んだ場合、クリティカルヒットとしてその場で勝利が確定。優勝チームには100万円が贈られる。

出場チームは以下の通り。

■Bブロック

R-指定チーム:HIDADDY&KOPERU

CHICO CARLITOチーム:D.D.S&焚巻

サイプレス上野チーム:崇勲&押忍マン


衝撃のAブロックのあとに開催されたBブロックの戦い。まずはサイプレス上野チーム VS CHICO CARLITOチームが舞台に登場した。まさに実力伯仲のこの2チーム。通常ラップバトルでは後攻が有利とされるが、サ上チームは先攻で自分たちをキャラを全面に押し出し場内の空気を一気に持っていってしまう。

実力派揃いのCHICOチームは、すぐさまそれを察知して、スキルフルなラップで逆襲に出た。しかし打たれ強さでは全チーム最硬のサ上チームは攻撃をものともせず、押忍マンがCHICOチームの泣き所とも言えるドラフトの二番手で構成されている件を「お前ら第二希望の寄せ集め」と表返り討ちにした。CHICOチームはその後もテクニカルに攻め続けるが、のらりくらりとかわしつつ明快なパンチラインを打ち込んだサ上チームがなんとクリティカルヒットでいきなり試合を決めてしまった。

第2試合はCHICO CARLITOチーム VS R-指定チーム。嫌な流れを変えたいCHICOチームを迎え撃つ関西トリオは、田我流「やべ~勢いですげー盛り上がる」のビートに合わせて揚げ足を取りまくってCHICOたちをどん底に突き落としてしまう。しかも続く2ラウンド目のビートはILLMARIACHI「Young Gunz」。R-指定が参加しているDJ RYOWの「ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX」のオリジナルバージョンだ。

R-指定チームにとっては偶然に舞い込んだチャンスであるが、CHICOチームにとっては絶対絶命の状況と言える。しかしリーダーのCHICOは頭をフル回転させて、フロウやトピックの流れをコントロールして首の皮一枚のところで勝利をもぎ取る。『モンスターズウォー』で3ラウンド目まで行ったのは今回が初。ビートは超変則的なANARCHY「Enegry Drink」。R-指定チームはCHICOだけがチームを引っ張っている点に着目して攻めに行くが、ここで奇跡が起きる。途中から異常な盛り上がりを見せる「Enegry Drink」にD.D.Sの低音ラップと焚巻の高速ライムが合致し、見事な三重奏が完成した。そして判定はCHICOチームの勝利。ハイレベルなバトルの応酬で観客は歓喜した。

Bブロック最後の戦いはサ上チーム VS R-指定チーム。『フリースタイルダンジョン』開始当初からモンスターとして戦い続けているサ上とR-指定は、ともに信頼しあう仲間でもある。そんな因縁深い両チームのリーダーにとってこの戦いは感慨深いようだった。1戦目はラウンド1で見せた抜群の個性とチームワークでサ上チームが圧勝する。

問題は2戦目。ここでは押忍マンが出した「フリースタイルダンジョン」というキーワードから、HIDADDYが「脱腸」と返し、それを受けR-指定がサ上チームを「ダチョウ倶楽部」と表現する。サ上チームは待ってましたとばかりにダチョウ倶楽部の「どうぞどうぞ」をパンチラインとして打ち込み、勝負はついたかのように見えた。しかし試合を決めたのは「ダチョウ倶楽部」を受けたR-指定チームのHIDADDYだった。この試合でビートに使われたMURO「CHAIN REACTION」には、グルーヴを生み出す一瞬の切れ目がある。そこにあわせてダチョウ倶楽部最強のギャグ「ヤー」を挟み込んだのだ。

この一撃がサ上チームの勢いを止めた。勝負を決めた3試合目はビートのAKLO「HEAT OVER HERE」からリリックを拝借しながら、両者は高度なバトルを繰り広げた。最終的にR-指定チームのクリティカルヒットとなったが、圧倒的勝利というよりほんのわずかな差が勝敗を分けたようだ。

Bブロックは3チームが同得点だったため、各チームがバトルで獲得した点数を試合数で割った平均が算出された。その結果クリティカルヒットに加え、負けても高得点を出し続けていたR-指定チームが総合力で2チームを制し決勝に駒を進めることになった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000