MAN WITH A MISSION 会いたかった芸人・ガリガリガリクソンが生放送で大暴走

29日19時からAbemaTVのSPECIAL PLUSチャンネルにて、

MAN WITH A MISSION(以下:MWAM)が映像作品『狼大全集IV』のリリースを記念したスペシャル生番組「MAN WITH A MISSIONの酒場放狼記~狼大全集Ⅳ発売記念~」が放送された。6月29日(水)リリースの同DVDに収録されるライブツアーの裏話など、ここでしか聞けないトークを披露する予定だったが、想像を超える自由な生放送となった。



某所の居酒屋で行われた同番組は、もともとはMWAMが「ジャンケン・タナカの酒場放狼記」として行っていたインターネット番組。今回はDVD発売記念ということで、

AbemaTVに舞台を移し盛大に行われることとなり、ボーカル・ギターのジャン・ケン・ジョニーは「コンナグダグダナ企画ヲヤッテクダサルAbemaTVサンニ……カンパーイ!」という音頭でスタートした。


今回の出演者は、MWAMからジャン・ケン・ジョニー、ボーカルのトーキョー・タナカ、ベースのカミカゼ・ボーイ、そして“飼育係”こと飼育好男の3匹+1人。残るメンバーのDJサンタモニカとスペア・リブは、DVDリリースにともない「日本の果てまでイッテGAW」という企画で日本の最北端&最南端にあるCDショップへ挨拶に行っているとのことで不参加となったが、多くのファンとともに写ったCDショップの写真や、各地の名所でポーズを決めた写真などを公開し、番組に参加した。


視聴者プレゼントの告知を挟みつつ、特番のテーマでもある『狼大全集IV』の見どころを各々がPRすることに。さいたまスーパーアリーナで2日間にわたって行われたライブを収録した同DVDについて、まず「2日目二入リ時間二カミカゼ・ボーイガ1時間半クライ遅刻シテキタ」と暴露したジョニー。


そして、一言の謝罪もなしに現れたことについて「改メテロックスターッテイウノハアアヤッテ形成サレルンダナ、ト思ッタ」と、いきなり裏話を披露し、喋れないカミカゼ・ボーイは平謝り。続いて、DVDの編集にも関わったというトーキョー・タナカの見どころは「全テ最高ガウヨ!!」とのことで、そのまま本編映像から、「Raise your flag」を一部公開した。


ここで、この特番のために駆けつけたゲストを紹介することになり、まず最初に登場したのはカミカゼ・ボーイが大ファンだというお笑い芸人・我が家。カミカゼ・ボーイが好きだというコントも生で披露した我が家は、DVDリリースのお祝いとして若干19歳の若手芸人・丸山礼を紹介。怖いもの知らずのハイテンションなものまねネタで現場を暖めて去っていった。


続いて登場したのは、ジャンケン・ジョニーが会いたかったという芸人・ガリガリガリクソン。この日のために大阪から片道3時間かけてきたというガリクソンは、完全にアウェーな空気にもめげずに一発ネタを披露し、いつもどおりの毒を吐きまくって爆笑を誘っていた。いっぽうMWAMは、ガリちゃんが全てのネタを拾ってくれるのをいいことに“お笑い動画の紹介”と称してバンドのグッズをちゃっかり宣伝するなど、かなりテンポの良い掛け合いを見せた。


そして番組は後半へと突入し、トーキョー・タナカのリクエストによりミュージシャンのゲストが登場! Dragon AshのKJとRIP SLYMEのSUと、MWAMはどんなトークを繰り広げたのか? 続きは後半で。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000