にこるんデビュー曲「Bye Bye」を生放送で世界初公開 フジモン「ニコルらしい歌」

先日、歌手デビューを発表した藤田ニコルが水曜キャスターを務める、若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』。6月29日の放送で、ニコルのデビュー曲「Bye Bye」(8月3日発売)の音源を世界初公開した。

この番組が「世界初」ということで「Bye Bye」の1番をフルで聴くことに。

ニコルは「やだー!」と、照れを隠せない様子だったが、曲がかかり、スタッフや紀アナが曲に合わせて手を振ってくれると「こんなにみんなBye Byeしてくれて盛り上がってくれて嬉しい」と素直に喜んでいた。しかし、一人だけ盛り上がっていない人が…。

紀アナに曲の感想を聞かれた藤本は「あんまり、歌うまくないよね?」と酷評。「でも、そこがええんかな。にこるんらしくてな」と「ニコルらしさ」が出ていたことは褒めていた。


「生歌の方も聞かせていただきたいんですけど」と藤本がお願いすると、「それはまだ溜めときます」と焦らしたため、藤本は我慢できなかったのか「Bye Bye 楽しんだもんがち♪」と自ら歌って見せた。「一緒に歌おうや!」とニコルを誘ったが、「今日は歌いません!」と、断固として歌わなかった。

ニコルは、作詞にも携わっており、自分の恋愛の実体験をもとに作詞したことも明かした。歌詞の好きな部分について「こっちは夜中3時までずっと待ってる」の「3時」にこだわったことを強調。「私はいつも(彼氏からの返信を)3時くらいまで待ってた。4時だと朝だし。3時って絶妙だな!と思って」と説明し、「いつもこんな恋愛してます!」と語っていた。

スタジオでは、デビュー曲の発売にあたり、初回の特典があることも発表。①のブックレットのタイトルが「そうです。私がにこるんです」ということに、早速、藤本が「変なおじさんやん!パクリやで、コレ!」とツッコミ。また、③の特典「絵馬るん(絵馬ににこるんの格言が書かれたもの)」について、「例えばどんな(格言)?」と藤本が聞いたが、ニコルは「教えません!」とキッパリ断り、謎を貫いていた。

ミュージックビデオの撮影は終わっているそうで、そのことについて藤本は、「(番組を)一緒にやってんねんから、『ちょっと出てくれません?』みたいのとかないの?」と、誘われていないことをニコルに言うと「本当にかわいい」作品になっているので、「世界観を崩したくない!」と拒否。「かわいいところに、こーゆースパイスの聞いた顔面いるでしょ!」と力説したが、ニコルは「いらない!」とさらに拒否。藤本は「スイカに塩をかけたら甘さが増すみたいに、俺が出たら可愛さが増す、みたいな!誰が塩やねん!」と、最後は自分でノリツッコミしていた。


ニコルのデビュー曲「Bye Bye」は発売まで約1ヶ月ほどある。ダンスもあるそうで、これから少しずつ解禁していく模様。発売したら生歌披露も考えておいてくれるそうなので、「原宿アベニュー」でぜひ、新曲情報のチェックを。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000