美人すぎる気象予報士・穂川果音、雨雲に追われ「きゃー!」 悲鳴をあげる


6月30日に放送されたAbemaTV『AbemaPrime』のお天気コーナーでは、気象予報士の穂川果音が地上221メートルの空の上、東京都・池袋サンシャイン60の展望台から気象情報を届けた。



サンシャイン60展望台は今年の4月21日、「SKY CIRCUS(スカイサーカス)」をコンセプトに、「見るだけの展望台」から「体感する展望台」にリニューアルされた。穂川はこの日、インタラクティブ3D ARシステムで人の動きを感知し、自分のまわりに生まれる雲や風、雨などを自由に操ることができるスカイパーティーエリアに登場。髪を頭の上のほうで2つに分けてふわりと巻き、衣装は白いワンピースで、どこか”ふわふわとした雲”を思わせるような雰囲気の格好だった。


コーナーがはじまると穂川は「ここは空や気象を体感できるコンテンツがたくさん揃っているんですよ」とテンション高く紹介。続けて自身が居る場所・スカイパーティエリアについて説明していると、穂川と対峙していた巨大な画面に雨雲が出現した。



人の動きを感知して動く雨雲に猛然と追いかけられた、穂川は「きゃー!」と悲鳴をあげ、天気を操るどころか操られる状態に。ハイヒールで逃げまわりながらも、笑顔を保つところはさすがのプロ根性といった具合だった。そしてその後、通常業務のお天気を伝え終えると、彼女はかわいらしく「こちらからお天気お伝えしました。恐縮です」とコーナーを締めていた。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000