アメリカンドリームを掴んだ18歳ラッパー・Desiignerがデビュー・ミクステを遂にリリース!

シングル曲「PANDA」でビルボード1位を獲得し、シーンで「PANDA」ブームを起こしているNYブルックリン出身の18歳ラッパーDesiigner(デザイナー)が、遂にデビューミクステ『New English』を発表した。

2015年末にSoundCloud上にアップされた「PANDA」が、あのKanye West(カニエ・ウエスト)の目にとまり、なんと18歳という若さでG.O.O.D. Music.と契約したDesiigner。

そして、今年リリースされたKanye Westの最新アルバム「The Life Of Pablo」に「PANDA」をサンプリングした「Father Stretch My Hands Pt.2」が収録されたことで「PANDA」ブームはさらに加速し、2016年5月に遂にビルボードランキング1位を獲得。まさにアメリカンドリームを一瞬にして成し遂げたのだ。

イントロから「パンダ、パンダ、パンダ…」とブツブツつぶやきながら始まる「PANDA」。この「PANDA」とは、「BMX X6」という車のホワイトカラーのことを指しており、正面から見るとパンダに似てるっていう、なんとも面白いトピックになっているのです。

上記の車がパンダに見えるという「BMX X6」のホワイトカラー。もちろん18歳のDesiignerは、当時そんな高級車を乗れるわけもなく、「Grand Theft Auto」というアメリカで最も売れているゲーム内での話をしているのです。

本場のアメリカ人も、なかなか聞き取れないという「PANDA」のリリック。そんな人たちのためにリリック解説サイト「RAP GENIUS」では、Desiigner本人によるリリックの解説も行われています。

18歳にしてアメリカンドリームを掴んだDesiigner。全世界中からの期待が高まる中、遂にデビュー・ミクステ『New English』をTIDALから6月26日に先行公開した。「PANDA」を含め、全14曲の最新曲が収録された今作には、客演でPusha-TとKing Savageが参加。今最も注目されているラッパーの神幸町が詰まった『New English』は今年マストな1枚になりそうだ。

そしてここで、追加情報!TIDAL限定公開だったが今では「HotNewHipHop」などで、ストリームもできるようになり、日本でもアルバムが楽しめるようになったのです。USヒップホップシーンのトレンドをチェックしたければ、この機会を絶対に見逃すな!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000