くわばたりえ、愛妻家の夫を絶賛 「不倫されたら…」

お笑いコンビ・クワバタオハラのくわばたりえ(40)が29日、都内で著書「ママの涙」(主婦の友社)の発売記念イベントを実施。同書は、5歳、2歳、1歳という3人の子育てをしているくわばたが、子どもが生まれてから母親の大変さや感動の気持ちなど、“涙の記憶”を綴ったもの。イベントでは、夫の支えに感謝とノロケを連発する一幕があった。

同日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』では、イベントでくわばたに質問をおこなった芸能リポーターのあべかすみ氏(56)がそのもようを振り返った。


くわばたは、あべに相談相手や支援してもらう相手について聞かれると、夫のことを大絶賛。

「有り難いことに、(子育ての)いちばんの支えは旦那さんなんですよ。『育児でいちばん大切にしていることは何?』って友達にきかれていて、何て答えるのかなと思っていたら、「奥さんの機嫌をとること」って言っていたんですね。『奥さんをいつも笑顔にさせるように頑張ってます』みたいなことを言っていたので、(あまりに秀逸な返しに)これはもうなんか作家でもおるんちゃうかっていう。

でもホンマにそのとおりの旦那さんなので、有り難いですね。これで浮気してたらどうすんねんっていう(笑)。浮気がバレへんように一生懸命やってるんちゃうかっていうくらい、ちゃんとやってくれてるんですよね。」


自ら発した“浮気”という言葉の流れから、報道陣にLINEやメールなどのチェックをしているかを問われたくわばた。「してないです。これからしますわ。(今年は芸能界で不倫ネタが多いが…)やめなさいよ!今度はホンマのママの涙流すわ、号泣や、「ママの号泣」、涙どころの騒ぎちゃうわ!」と笑いを誘った。


またイベントの最後にも

「“何でもないような事が 幸せだったと思う” (THE虎舞竜)ってホンマその通りで、本人が幸せになられてないですけども(※ボーカル・高橋ジョージは三船美佳と結婚し、おしどり夫婦として有名だったが、今年3月に離婚)。

私、日本で5本の指に入る…、(イクメンだという)つるの(剛士)さんよりもええ旦那やと思ってるんですよ。なんでつるのさんあんなにフューチャーされてんのに、うちの旦那のほうがすごいねんけど! といつも思うくらいなので。ほんとに、ほんとにもうやさしい旦那さんなんです。感謝しかないです。」

と、改めて幸せな家庭生活を送ることができているのは夫のおかげだと感謝の意を表す一方で、あまりの絶賛ぶりを自身でも振り返ったのか、「これで離婚したらどうなります?」と記者に逆質問。「ここ何回も使われます」と言われ、「いやーーー!そういうの観たことある!!!」と絶叫していた。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000