ケンコバ男泣き、カレー店給料未払い問題「本当に寂しい」 従業員に生直撃


インドカレー専門店「シャンティ 南大塚店」のインド人従業員の給料が未払いになっていると、従業員自らがTwitterで告発した騒動があった。先日放送された『AbemaPrime』(AbemaTV)でこのニュースを取り上げたことなどをきっかけに、1年以上連絡が取れていなかった社長が27日に、初めて従業員の前に姿を表した。6月28日放送の「AbemaPrime」ではこの続報を取り上げ、従業員・支援者・専門家が様々な見解を述べた。



▪︎マスコミが動かなければ「逃げ切り」間近だった――社長の言い分(主旨)は以下の通り。

・従業員と家族のようにやってきたつもり

・無知な部分もあって迷惑をおかけした

・不払いが毎月発生しているのは事実

・一生懸命精算をして、できるだけお返ししたい

・本当に申し訳ないと思う



この件に関して、スタジオには従業員で調理長のジョシ・バガワティ・プラシャド氏と、社長側との交渉を代理している支援者のシード・アミヌル・ホック氏が登場。

アミヌル氏は従業員の皆がこの社長の説明に対し「当然納得していない」とし「マスコミの圧力で仕方なく出てきた。なかったら逃走していたと思う」と説明。ジョシ氏は「社長がきたからなんとかなると思います」とコメントした。

「逃走」について、アミヌル氏は社長が27日に倒産手続きをしたことを挙げ、社長の個人資産を出したくないゆえの計画倒産だと発言した。



▪︎補償される可能性は高いが、尻拭いをするのは……誰?

コメンテーターとして出演した行政書士・宗像純子氏は「破産手続きが始まってしまえば、手続きに未払い賃金の話ものってきてしまうのが現実。しかしながら『未払賃金建替払制度』というものもあるので、8割くらい返ってくる可能性がある」と解説。

会社が倒産した場合、裁判所が選ぶ破産管財人が資産を調べ、資産がある場合には従業員には3ヶ月分の給料が支払われることとなる。ない場合には、宗像氏の言う「未払賃金建替払制度」というものがあり、国が最大8割の補償をすることとなっている。しかしながら、それはもちろん、税金から支払われるものだ。


アミヌル氏は「それ(未払賃金建替払制度)を利用するしかない。社長はちょっと前から考えていた。売上を他の事業に回したり、家族に使ったりして資産を作っていた。

調理長にも、『日本の法律で2年払わなくても大丈夫』という話をしていた」と説明。誠意どころか、今回の件が「計画的犯行」であることを匂わせた。


▪︎信じていた社長に裏切られ、人生の岐路に立つ人も

番組では、現地リポートを担当する「イケキャス.」の青峰佑樹がシャンティ南大塚店から中継を行った。 

この未払いで子供の学費が払えず、妻からも離婚をつきつけられているという従業員のひとりは「社長の言ってることは信じられない」「社長は最初からお金の支払いが遅れてきた。わたしたちは利用された。社長は裏切り者」と話した。



番組ではここで、シャンティのカレーがスタジオで配布され出演者が試食した。「スパイスが効いてておいしい」などの声が聞こえる中、MCのケンドーコバヤシは涙目で「おいしいお店特集の時に食べたかった。正直アイドルとか俳優さん政治家のスキャンダルはどうでもいいが、“カレーのスキャンダル”は本当に寂しい。胸が痛い」と語った。


アミヌル氏は「彼らに必要なのは法的な助け、マスメディアの助け。カンパの話もたくさんくるけれど、なりすましもいるので全部断っています」とコメント。実際、“シャンティ支援用”というツイッターの偽アカウントも存在しているそうで、「シャンティスタッフ一同」(@support4shanti)が正しいアカウントだという。


調理長のジョシさんは「カレー作るのが私たちの仕事です。(スタジオのカレーは)冷たくなったけど、お店で本当にあったかいカレーを食べてほしいです」と心のこもった言葉を発していた。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000