スピードワゴン小沢、IKKOに困惑「意味が分からない」


6月27日深夜に『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネルで放送された『スピードワゴンの月曜The NIGHT』で、スピードワゴンの井戸田が、オネエ系タレント・IKKOの新ギャグを紹介した。

この日、小沢は「IKKOさんとのロケだったのよ」と、先日、番組のロケで一緒になったことを語り始めると、「今、一番推してるのが“すっからけっちー!”なんだよ」と、IKKOがなぜか最近「すっからけっちー!」というギャグにご執心であることを紹介。

その際に小沢が語ったところによると、この「すっからけっちー!」は、「どこで使っても良いフレーズ」らしく、別番組でゲストとして呼ばれた際にも、番組の冒頭でIKKOは「すっからけっちー!」といきなりのシャウト。これには周囲も唖然とした様子で「さすがの若(オードリーの若林)も、“なんですか?それは”って言ったの(苦笑)。若もそのとき初めて見たみたいで」と、理解不能なフレーズであることと、そもそもで新ギャグであるためなのか、スタジオがなんとも微妙な空気になってしまったという。

なお、こうしたIKKOによる新ギャグフレーズに、小沢が「意味がわからない」と苦笑すれば、「なにそれ!もう何でもいいじゃん!」「なんですっからけっちなのかな」と井戸田も頭を抱えて大爆笑。果たしてこの新ギャグ、どの程度、脚光を浴びることになるのか、今後の展開に注目したいところだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000