酒井法子が完全復活 しかし、息子からは「不細工」呼ばわり

28日、化粧品メーカー「ORIGAMI」のスキンケアシリーズ新商品発表会に女優・酒井法子(45)が登場し、「完全復活」を果たし、「マンモスうれピー」と発言した。今年はデビュー30周年だが、最近は息子が朝の寝起きの際、「不細工だな」などと辛辣なことを言ってくるのだという。

今回の「完全復活」について「長かった? 短かった?」と聞かれ、酒井は「皆さんが支えて下さっているおかげで30周年、本当にありがたい限りです。色々あった後にもコンサートができます。応援してくださっている方が私にとって何よりも支えです。これからも努力していこうと思います」と今の思いを告白。

そして、この4年間は「皆さんに応援してもらいながら、背中を押してもらった4年間」で、もっとも頑張れた励みについては「一つ一つ、歌でもそうですし、ステージでもそうですし、またこうやってやれることが励みです」と語った。

また、酒井は2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕されたが、6月24日に元俳優・高知東生容疑者(51)が逮捕された件についてはどう語るか。この件についてと、高知の妻・高島礼子について一言を求められるとスタッフから囲み取材の終了の合図が出て、酒井は何も答えずその場を去った。


この現場にいた芸能リポーター・あべかすみ氏が、同日放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)で今回の発表会と「完全復活」について解説した。

「もちろん、この囲み取材のプレスリリースにもこの化粧品に関係ないことは聞かないでください、と書かれていました。ただ、法子さんのイメージキャラ発表という割には、カメラ15台きて、大勢の報道陣が来ていました。やっぱりこの会見が注目されたのはこのタイミングだったわけなので、法子さんにも一言いただきたいな、と思いました。

完全復活する状況で言えることを伺いたかったのですね。しかし、強制退去になりました。事務所社長が引っ張って行きました。でも、法子さんはきれいはきれいです。アラフォー真ん中とは思えないきれいなお肌です。毛穴がないんじゃないかと思うくらい」


また、今回「完全復活」と銘打たれたことについては、スポンサーがついたことを意味しているのだという。テレビ番組出演までであれば「完全」とはいえないが、イメージが最重視されるスポンサー関連の仕事であれば、「完全」と言ってよいのだという。そして、あべ氏は今後の展開をこう予想する。

「これで仕事の幅が広がります。ソロコンサートを9月に16年ぶりにやりますし、新曲も出します。台湾でのキャンペーンもやり、また台湾に行きます。こうしてスポンサーがつくということで完全復活となるのです。そう思えば長いでしょ?」


前回のトラブルの後はパチンコ店の営業仕事などが多かったが、酒井がこうして「完全復活」をついに果たしたのだった。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000