1位は菅田将暉、2位は染谷翔太 若手俳優映画出演ランキング

6月25日、映画『二重生活』(岸善幸監督)の初日舞台挨拶が行われ、出演者の門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキーが登場した。同作は、心理学を学ぶ大学院生(門脇)が指導教授(リリー)の提案のもと、近所の男(長谷川)を尾行し、人間をより理解していくというストーリーだ。菅田は門脇の恋人役を演じている。

そんな菅田だが、現在映画の出演本数がすさまじいことになっている。27日に放送されたAbemaTVの『芸能㊙チャンネル』では、出演者の芸能リポーター・駒井千佳子氏が、昨年から今年上半期の若手俳優の出演した映画の本数及び、これから公開される予定の作品を1枚のフリップにまとめた。

これによると菅田が14本で1位。2位が染谷翔太の11本で、3位が濱田岳、坂口健太郎、窪田正孝の10本、野村周平が6本で、柳楽優弥と山崎賢人がともに5本となっている。

この日の番組ゲストでタレントの相沢まき(36)は「イケイケ感も出さないし、役者さんとしてもナチュラルな感じ」と高評価。さらには、窪田正孝の八重歯が好きで、母性本能をくすぐってくるのだという。

駒井氏が個人的にお勧めする作品は濱田岳が出演する『ヒメアノ~ル』だ。「V6・森田剛君の殺人鬼の役が狂気で見事な怖さです。一番怖いのは人間だな、と思う。最後は悲しくなりますよ」とその見どころを語った。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000