元猿岩石・森脇和成 芸能人の恋人「○○似美女」を疑問視

6月24日発売の写真週刊誌「フライデー」が、歌舞伎俳優の二代目・中村七之助(33)と北川景子似のロングヘア美女のデート現場をスクープ。七之助は一切変装をせず、マスクをした女性と寄り添って渋谷の高級タワーホテルの客室に入っていったという。

同日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、この日ゲスト出演した元猿岩石の森脇和成(41)は、この週刊誌独特の“○○似”という表現に疑問顔。「僕も一般女性と付き合っていた時にと撮られたことがあるんですが、山田邦子似と書かれて。全然似てない、一ミリも」と釈然としない表情だったが、七之助のスクープについては「こういう人はきれいな人にモテるなど、夢がないと。芸能界盛り上がっていかないでしょ」と理解を示した。


番組では、芸能リポーターの菊池真由子氏(39)がフライデー編集次長・小柳津純氏に生電話。スクープ時のもようを直撃した。


■フライデー編集次長・小柳津氏の話


――どうだったんですか? デートの雰囲気というのは?

小柳津氏:完全にもう、本当に2人の世界という感じで、明らかにいい雰囲気ではあったんですが、ただまあ、何人かいるうちの1人だと思うんですよねえ。


――女性のほうが気を遣って変装している感じですが、一般の方?

小柳津氏:そうだと思います。ものすごい美人でしたけどね。


ちなみに森脇の、「“誰々似”というのは信ぴょう性があるのか」という疑問について、小柳津氏は「かなり苦し紛れなこともありますね(笑)」。これを聞いた森脇は、「山田邦子さん似とかかれたから、信ぴょう性ないんだなと!(笑)もう、モンタージュかなんかで作ったほうがいいんじゃないですか? 想像してもらうためには何か必要なんで。」と珍アイデアを提案していた。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000