堀越学園時代、嵐・松本潤よりも中村七之助がめちゃめちゃモテた理由

6月24日発売の写真週刊誌「フライデー」で、歌舞伎俳優の二代目・中村七之助(33)と北川景子似のロングヘア美女のデート現場がスクープされた。同誌によると6月中旬のとある夜、七之助は一切変装をせず、美女と渋谷の高級タワーホテルの客室に入っていったという。

『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)24日の放送回で、芸能リポーターの菊池真由子氏(39)は、七之助について「堀越学園時代、同級生に松本潤さんや松田龍平さん、生田斗真さんなど凄いメンバーがいるなかでもダントツ。めちゃめちゃモテた。」とコメント。


「まずマメなこと。学生時代付き合っていた彼女が、朝が苦手だったので、毎朝モーニングコールをして起こしてあげていたんだって。いわく、自分はイケメンじゃないから、これくらい女性にはマメじゃないといけないんだよ、と。

もう一つは、キザ。男性が女性に対して言わなくてもいい、恥ずかしいというようなことをぽろっと言えちゃう」

以上のように、菊池氏は、七之助がモテる理由として「マメ」「キザ」の2点を挙げた。

ちなみに七之助の父・勘三郎もマメで知られていた。本名が波野であることから、アダ名は「ビーンズ波野」。七之助も自分で「ビーンズジュニア」だと言ったこともあるそうだ。

この日ゲスト出演した元猿岩石の森脇は「相手によるでしょ、キライな人にマメにされてもしつこいだけでしょ!」とコメント。

これまでにも松下奈緒似の美女、浜崎あゆみ似の美女、そしてトリンドル玲奈と数々の浮名を流してきた七之助。今回の彼女はどういう人なのか、気になるところだ。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000