女子大生社長・椎木里佳、学生インターンに怒る 「ネットリテラシー低すぎ」

「女子大生社長」として知られる椎木里佳氏の22日のツイートが話題となった。下記がTwitterに書かれた内容だ。


<カバン持ちインターン1次選考終了して、返信メールをスクショしてTwitterにあげてる子、ネタでやってたとしても、ネットリテラシー低い子多すぎる。就活の時とかどうするんだろうな、、、>


これについて、23日に放送された『AbemaPrime』(AbemaTV)で椎木氏本人が解説した。

「カバン持ちインターンを募集したんです。一次の書類審査をしたところでメールを送りました。そのメールをスクショしてTwitterに出して『椎木里佳のカバン持ち受かった!』と書いた人が15人ぐらいいたんです。ネットリテラシーどうなってるの? とびっくりしたんです。カバン持ちインターンってのは、そういうのを募集するサイトがあって、カバンを持ってもらいつつ、私と一日ずっと一緒にいるので『同い年でこんなことやってる人がいるんだ』ということの気づきがあればいい。学生限定なので、同じ目線でどう思ったのかを、わたしも聞きたいんです。経営者の行動も学んでほしいし」

コーナーの最後に椎木氏は「実際にTwitterは炎上し、かつまぁまぁ怒っています。しかもその人たちは実名を出して、大丈夫なのかな? と思いました。まとめサイトにも乗りましたしね」と語り、呆れた様子だった。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000