神聖かまってちゃん・の子 AbemaTVで「Mステ出して」とアピール


22日放送のAbemaTVニュース番組「AbemaPrime」に、柔道家の篠原信一氏がゲスト出演。篠原氏とともにゲスト出演した、神聖かまってちゃん・の子と謎の意気投合をみせる一幕があり話題を呼んだ。



番組のスポーツコーナーでは、現在フランスで注目が集まっているテディ・リメール選手を紹介。リメール選手は身長2メートル4センチ、体重140キロという大柄の体で、2012年のロンドンオリンピック金メダリスト、世界選手権金メダル8回という現在最強と謳われる柔道家だ。

リネール選手の尊敬する柔道家が、日本の井上康生監督とシドニー・オリンピックの決勝で篠原氏に勝った、フランスのダビド・ドゥイエ選手であることが番組アシスタントの池田光咲から紹介されると、篠原氏は「フランスでリメールに会った時は『篠原さんを尊敬しています』と言ってたよ」と反論。

ここで、の子が「通訳が間違ってないですか?」と突っ込む形で質問を投げかけると、篠原氏は「通訳が気を遣ってくれたかもしれない」と弱々しくコメントし、スタジオは笑いに包まれる。



そのあとで、篠原氏がもじもじしながら「(リオオリンピックの)柔道関連の番組で、オファーが来ていない…」とぼやくと、の子が「神聖かまってちゃんも、ミュージックステーションに出してください」と便乗し、2人してテレビ朝日関連番組への出演をアピールした。

番組ではさらにこの後も話が脱線。篠原氏が、の子に「僕が解説する番組のために、曲作ってくださいよ」と突然のムチャぶりをすると、の子が「うおお!来た」と、スポーツコーナーとは関係ないやりとりが繰り広げられる。


あまりに自由な展開に、小松キャスターが「(篠原氏は、もう)今後はバラエティ一筋で…」と合いの手を入れると、篠原氏は「“それはそれ”で。柔道もやってますし、『日本選出がんばれよ』という思いもある。(柔道を解説する)ポジションにいたい」と、自分の“本業”を主張する。この発言を受けて、の子は「篠原さんと、神聖かまってちゃんのこの思い、覚えておけよ!」と視聴者に声をあげアピール。なにやら篠原氏と、なにかしら共鳴するものがあったようだ。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000