若槻千夏、明石家さんまを恐れていた過去 「当時は怯えながら共演していた」

22日、若槻千夏(32)がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』の第11回が放送された。今回は2015年のキングオブコントで3位に輝いたコンビ・ロッチの中岡(38)とコカド(37)とともに、三軒茶屋の街で古着店や居酒屋をはしごしながらトークを展開。その中で、若槻が最近バラエティに進出してきたSNS出身の女性タレントについて憤っていることを語った。

若槻は芸能界に復帰した時、「女性タレントは時代の流れでキャスティングされるから、どういう感じで出ていいのかわからない」と悩んだことを明かし、「ママタレントというのも急だし、かといってグラビアが流行ってるわけでもなく……今って、SNSで人気の子がキャスティングされるんですよね。そういう子と絡む中で、ジェネレーションギャップをすごく感じる」「昔は芸人さんと一緒に出るのに凄く緊張していたのに、今の子たちは“楽しんで”テレビに出ていて。それを“楽しんでるんじゃねえぞ”と感じます」と告白。


コカドは「確かに最近の芸人さんたちは優しくなった。怒らなくなった」、中岡は「番組が面白くなるために、先輩たちも我慢している」とそれぞれ芸人目線での見解を披露。その上で中岡は「まあコカドは別。何とも思ってない。女としてしか見てないから」と暴露した。

若槻は『明石家電視台』で共演していた明石家さんまをとても恐れていたといい、収録後に「若槻、さっきの変えた方がいいで」と注意されていたと告白。「すっごい怖くて。(今なら幸せなことと思えるけど、アドバイスを受けても)共演していた当時は怯えながらやっていた」と語った。

また、「昔はしゃべらない奴は出さないって雰囲気だったのに、今は考えない子が必要とされている部分もある。視聴者もその方がリラックスして見られる時代なのかもしれない」と苦笑いを浮かべた。そんな中、若槻は藤田ニコルだけは違うといい、「裏ではすごく丁寧で、ちゃんと考えてるし、すごく真面目」と絶賛した。


コカドが「若槻さんが“消えるなあ”と思っているタレントは?」と水を向けると、「“消えるなあ”とは思ってないです。消したいです!」とファイティングポーズ。「嫌いな子は基本的にはいないけど、“そうゆう姿勢で仕事してるんだな”ってところは見ますね」と貫禄を見せつけた。


また、芸能界を休んだ理由も「芸人さんと共演する中で、自分の中身が薄いな、ということに気が付いて。小池栄子さんとかMEGUMIさんとか、その人の番組を見て勉強しても、その人みたいになっちゃって。それじゃ個性がなくなっちゃうなと。だから社会勉強をしようと思って、芸能界に戻る前提で休んだんです」と“空白の5年間”を振り返った。ロッチの2人は「勉強になるな~」と感心。2人のトークに乗せられた若槻は「まるで私がゲストみたい」と慣れない展開に戸惑いつつ、ロッチの2人に感謝していた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000