ライムスター・宇多丸、LDH系アーティストを「敵視するに決まってるだろ!」

6月22日深夜に『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネルで放送された『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』で、MCのライムスター・宇多丸が、LDH系のアーティストについてコメントした。

この日、番組のトークの中で、宇多丸が別の話題で「世の中、LDH的なものが好きなだけ…というわけではない」と、さりげなくLDH系の男性アーティストについて語ったところ、視聴者からは「宇多丸さんはLDHを敵視しすぎ」というコメントが。

それに対して宇多丸は「敵視じゃないよ!だって日本の今、エンターテインメント界のトップじゃないですか。“HiGH&LOW THE MOVIE”楽しみでしょうがないから!」とコメント。


傍らのサイプレス上野が苦笑しつつ「それホントなんすか?タマフル楽しみだなあ」とツッコむと、宇多丸は「楽しみだよ!予告とか観たらびっくりするよ。どこにセット立ててんだ?と」「伝説のね、チーマー同士が戦うっていうんだけど、それ、“ついに戦いだ!”みたいな予告で観ると、もう地平線の向こうから、マッドマックスかよ!どこなんだよ!スケールが最高なんですから!」と、7月16日に公開予定の同映画について語り、「全然違う!大ファンだってことですよ!」と、視聴者からの指摘を否定するかに思えたが、その後、事態は急変。

この話題をシメる際に宇多丸は、「日本で今一番かっこいい!…だから敵視ですよ」と、まさかの敵視発言。その後も畳み掛けるように「当たり前だろ!そんな今一番売れてるやつは敵視するに決まってるだろ!そんなもん!」「1000円くれなきゃ絶対に黙らない」と吠えた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000