道端三姉妹には「ニコラス・ケイジ似」の兄がいた!名前は和風で「タロウ」

6月22日(水)夜11時からAbemaTVで放送された『オトナ女子会』に道端アンジェリカ(30)、三枝こころ(29)、大川藍(22)が出演し、道端が兄の存在とその名前を公表して三枝と大川を驚かせた。

番組の中盤に兄弟の話になると、3人とも末っ子であり三枝と大川は兄が2人いるという共通点が判明。そのタイミングで、カレン(36)、ジェシカ(31)、アンジェリカの道端美人三姉妹で知られる道端は「お兄ちゃん実は1人いるの」と明かした。

これに対して三枝と大川は「え?」「4人?!!」とビックリした様子。

続けて道端は「公表してないわけじゃないんだけど、あんまり世間の人は知らない。カレン、ジェシカ、アンジェリカなんだけど、1番上のお兄ちゃんだけタロウっていうの」と兄弟のなかで兄の名前だけが和風であることを告白。

すると2人は「え~~~~!」「和ですね!」「まさかのタロウ!?」と驚きの声を上げた。

「なんでお母さんとお父さんはタロウにしちゃったの?」と三枝が質問すると道端は「ザ・日本人って名前にしたくて。いろんな国の人がこの名前は絶対に日本人ってわかる名前にしたかったんだって」と兄の名前の由来を説明。ちなみに名前の表記はカタカナで「タロウ」。顔はハリウッドスターのニコラス・ケイジ風で、三姉妹のなかで1番似ているのはジェシカだそう。

これに対して大川は「全国のタロウで1番タロウじゃなさそうなタロウですよね」と冷静に分析して話を締めた。

ちなみに、道端の兄の名前がタロウであるという件については、お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(47)もお気に入りのネタとのこと。


©AbemaTV


『オトナ女子会』は毎週水曜日 23:00〜25:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000