【おバカ映像】獰猛なワニがいる池にロープ一本、肉をぶら下げて渡るとどうなるか

このおバカ動画は難しい説明は一切不要だ。「ブリーフ一丁の男が動物の肉をブラさげ、獰猛なアリゲーター集団の池を渡る!」。

アリゲーターまみれの池の上に張られたロープを恐る恐る進もうとするのは、世界最高の愛すべきバカ集団『ジャッカス』の切り込み隊長・スティーヴォー。

ジョニー・ノックスヴィル隊長が「"失敗"なんてありえないからな!」とハッパをかけるが次の瞬間、つかんでいた枝が折れ、スティーヴォーは池の中へ...。


しかし、落とした肉も再び、腰に巻きつけ今度はロープにぶら下がりながら進む!そんな彼に向かって、ジャッカス軍団は「行くんだ!」と煽り、アリゲーターがに食らいつこうとするたびに、歓声を上げる。「頭をあげろ!」とアドバイスされたのもつかの間、スティーヴォーは再び落下。肉を奪うのを待つだけにしたところ、アリゲーターが食らいつき、無事?ミッション終了となった。

爆笑するジャッカス集団とは対照的に、恐怖から解放されて全力で逃げ出すスティーヴォーだが逃げ出した先にも別のアリゲーターがいるという、地獄のような展開が彼を待っていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000