“ゆとり世代代表”NMB48・市川美織 社会人マナー講師から厳しく指導されまくる


6月21日に放送された「AbemaPrime」の特集は「喧嘩上等!バトルスタジアム」では「ゆとり世代はダメ世代?」をテーマに議論が繰り広げられた。ゆとり世代と団塊・団塊Jr世代がそれぞれの持論を展開したが、議論の開始前からゆとり世代が絞られる場面が見られた。



ゆとり代表として参戦したのは、「脱・フレッシュレモン」を同番組の冒頭で宣言したNMB48の市川美織に加え、元NMB48の山田菜々、元アイドリング!!!の尾島知佳の3名。彼女たちに対しエレガントマナースクール経営者でありながら自身も「鬼の都」として辣腕を振るう平林都氏が、ご挨拶がわりと言わんばかりに社会人マナーチェックを行った。


今回のマナーチェックは「社長を訪ねてきた来客者への対応」という内容。「お名前を伺い、社長が来るまで席に座って待っていただくようにする」という社会人としての基本的なマナーが備わっているかが試された。



1番手の山田菜々が「社長はただいま会議中でございますので……」と言うと、平林氏はすぐさま「会わしてくれないの!?」と鋭く指摘。若干テンパった山田が相手の名前を聞く前に「山田菜々と申します」と名乗ると「あなたの名前は聞いてないです。社長はいらっしゃいますか」とぴしゃり切り捨てた。この様子を後ろの席で見守っていた市川は、「こわいよぉ」と思わず心の声をこぼした。



2番手として市川が登場。平林氏が「社長いらっしゃいますか?」と問いかけると、市川は「ただいまお呼びしますので」と返答する。これに噛み付くかのように平林氏は「『お呼び』って身内にお呼びはおかしいでしょう」と指導。これに動揺しつつも、その後市川は笑顔を浮かべながら「お美しいお方ですね」「お家はどこにお住まいなんですか?」と独自の対応を見せ、これには平林氏からも思わず笑みがこぼれた。



続く、尾島が「社長はご不在なので」と口走ると、平林氏から「身内に”ご”を付ける!」と容赦の無い愛のムチが飛ぶ。その後、平林氏から「社長がいるのかいないのか、はっきりしなさい!」と詰め寄られると「いないです」と回答。「じゃあなんで電話で呼ぶって言ったの? 居留守使ってる?」と平林氏がさらに突っ込むと、尾島は「居留守使ってます」と笑顔で返し、スタジオ内は思わぬ笑い声に包まれた。3人はそれぞれ役目を無事に終えつつ、平林氏の厳しい指導に終始戦々恐々といった様子だった。


平林氏は、自ら模範例を見せた後、ゆとり世代に対し「しつけられるのが嫌で、自由奔放に振る舞いたいという人が多い。世間知らずのあなたの言うことを聞いたら会社はつぶれてしまう。なので”自由奔放”っていうのは好きではないです」と、ゆとり世代が軽視しがちなしつけやマナーの重要性について力説した。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000