【韓国】初の女性専用車両が運用も「逆差別」とネット上で炎上

20日に放送されたAbemaTV『AbemaPrime』の月曜コーナー「隣国ジャーナル」にて、韓国に初めて「女性専用車両」が導入されることが取り上げられた。

韓国で働くユンジョンアさんによると、22日から韓国・釜山で初めて「女性専用車両」が試験運用されるという。女性専用車両を導入する理由は、最近痴漢など、女性を狙った犯罪がかなり増えているため。しかし、韓国内では、「逆差別だ」という批判の声も多く、ものすごく議論になっているのだとか。


ユンさんは「実はこれまでにもソウルなどで女性専用車両を導入しようという動きはあったんですが、『逆差別』という声がたくさん出て、結局実現しなかったんです」と続けて状況を解説した。


ユンさんによると、ネット上でも熱い議論が戦わされているところとのことで、番組コメンテーターでジャーナリストの堀潤氏は、「本来の理由よりも、ほかにいろんな不満がそこにあるんじゃないのかなと。『なんでこの人たちだけ優遇されるんだ』というような思いを感じる」と分析。

MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)は、何かやろうとすれば必ず批判がでる風潮は日本も韓国も同じであることに注目しつつ、「もうトイレみたいに男女と、お年寄り・子供たちなどと分けたらいいんですよ」とボヤいた。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000