たまごの賞味期限は? たまごソムリエは1ヶ月過ぎを生で…

「物価の優等生」とも言われる「鶏卵」。卵料理は日本食、いや、世界の料理で欠かせない存在であるが、世の中には「たまごソムリエ」の友加里さんが20日に生放送されたAbemaTVの『芸能㊙チャンネル』に出演し、卵料理の魅力について語った。

もともと友加里さんは、卵が大好きだったのだという。ある時、体調を壊した時に卵に命を救われたこともある。こうして体調を崩した時に医師から「1日2個卵を食べなさい」と言われて勉強し、その後、「たまごソムリエ」という存在を知った。


現在友加里さんは、「たまごソムリエ」の「3つ星」を取得済。他には「1つ星」があり、現在「5つ星」は準備中なのだという。そして、この資格を持つ人は約500人いるそうだ。筆記試験では、成分や栄養、歴史、養鶏、流通などについて知らなくてはいけない。


「卵のスペシャリストとなるための資格です。黄身が白い卵があったりしますよね。鶏の卵の黄身って餌で変わるんですよ。主にお米を食べさせた鶏の卵は黄身が白いです。味はそんなに変わらないですが、色がないのですね。黄色い方がおいしいという印象はあるかもしれませんが、そんなこともなく、黄身が白い卵はヘルシーなんですよ」


また、卵の賞味期限について視聴者から聞かれた友加里さんは、一般的には2週間と言われるものの、賞味期限過ぎても食べられると説明。過熱する必要はあるものの、4ヶ月ぐらいは食べられるらしいとの見解を述べた。友加里さんは1ヶ月過ぎた生卵を食べた経験もあるという。

そして、マッシュポテトの上に卵を載せた「エッグスラット」をスタジオの人々にふるまった。そんな友加里さんは『たまごソムリエ友加里のたまご大好き-あなたのたまご料理が100倍おいしくなるレシピ』という卵レシピ本も発刊しており、これにエッグスラットの作り方も掲載されている。また、オムレツは強火で作ることにより、外がカリッとして、中がとろっとするという秘訣も教えてくれた。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000