「尖閣は沖縄。日中海戦が起きたかも」竹田恒泰、琉球新報の報道スタンスを厳しく批判

6月19日に竹田恒泰チャンネルで放送された情報トーク番組『日本のソボクなギモン第187回』で作家の竹田恒泰が、メディア対応について厳しく批判した。

この日、先頃中国軍艦によって引き起こされた領海侵犯事件について竹田は、「当然わかってると思いますけれども、尖閣諸島は沖縄県ですよ。わかりますか?尖閣諸島は沖縄県です。ということは、今回の事件は日本の危機ですけども、“沖縄の危機”なんですね」と、極めて深刻な事態であったことを強調。

そうした上で、「もっとも注目しているハズなのは、沖縄の地元の新聞でしょ?普通に考えたらね。その沖縄の地元の新聞がトップに掲げていたの何だと思います?“米軍属を再逮捕”」と、沖縄県で流通している地方新聞『琉球新報』紙上で、さほどこの事件が大きく報じられず、先頃逮捕された米軍属の再逮捕がデカデカと1面に掲載されているという、なんとも信じがたい実情について紹介。

「重要だって言いたい気持ちはわかるけども、どう考えたって領海侵犯事件でしょ?一応、載せてるけど。おかしいでしょ?」と苦笑。「沖縄でもしかしたらこの日、戦争が起きたかもしれないんですよ!?日中海戦が起きたかもしれないんですよ?沖縄の危機なんですよ?“米兵逮捕”ならまだしも“再逮捕”だから」と、そのバランス感覚が疑わしい報道姿勢について厳しく批判することとなった。


また、同じく全国紙である朝日新聞の一面を例にとり「朝日新聞もね、三菱UFJ、大手銀行で初仮想通貨ーとか。いやいや、これもないだろ!(苦笑)。同じレベルですわ。とにかくおかしいの。優先順位のつけ方が!」とバッサリ。終始、両紙をツッコミまくる展開となった。

【生放送】日本のソボクなギモン第187回 | AbemaTV FRESH!(アベマティーヴィー フレッシュ) - 無料で生放送が見放題

作家であり明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰が 偏った報道が多い日本のニュースをチェックして優しくわかりやすく糾す番組です。 皇室、政治、外交、環境問題に加え、日本文明、カルチャー、サブカルまで、歴史的観点から日本とはどういう国でどうあるべきかについて, 日本人が知らない日本のスゴさにフォーカスして日本人で良かったと思える内容をお送りします。 竹田恒泰 作家。 昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。 明治天皇の玄孫にあたる。 慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。 全国に約6,000名の会員のいる竹田研究会代表、財団法人竹田研究財団理事長。 平成18年に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で山本七平賞を受賞。 本年度は『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)が発行部数30万部を突破。 ▼▼▼関連ページ▼▼▼ 竹田恒泰チャンネル(ニコニコ動画):http://ch.nicovideo.jp/channel/takeda-tsuneyasu 竹田恒泰ブロマガ:http://ch.nicovideo.jp/blog/takeda-tsuneyasu 竹田恒泰チャンネルFBページ: https://www.facebook.com/takedach 竹田恒泰チャンネルYouTube: https://www.youtube.com/user/channeltakeda 竹田研究会:http://www.takedaken.org/ ▼Twitter 竹田恒泰 |@takenoma https://twitter.com/takenoma ▼番組運営 株式会社オンザボード 運営和田 |@media_otb https://twitter.com/media_otb 竹田恒泰チャンネル |@takeda_ch https://twitter.com/takeda_ch ▼今回(6/16)のおやつはこちら!(順不同) 【A】 http://goo.gl/Hr3gQo 【B】 http://goo.gl/kIv7GS

abemafresh.tv

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000