【AKB総選挙】元AKB宮澤佐江、私が出馬したら「1位取っちゃうかも」

18日に行われた「第8回AKB48選抜総選挙」で、HKT48の指原莉乃(23)史上初の2連覇を達成し、3回目のセンター獲得となった。2位はAKBの渡辺麻友(22)で、3位はSKEの松井珠理奈(19)に。また、AKB小嶋陽菜(28)の「卒業」も発表され、残るAKBの1期生は峯岸みなみ(23)だけとなった。峯岸も今回の選挙が最後であると宣言している。

AKB総選挙については18日に生放送されたAbemaTVの報道番組『みのもんたのよるバズ!』で、出演者の元AKB48・宮澤佐江(25)もコメント。1位の指原は24万3011票で、17万5613票の渡辺との間には約7万票の差がつく圧勝だった。そして、宮澤はこう語った。

「選挙が始まるという時に夢を見た。指原が2冠取るという夢でした。さっしー、おめでとう! 次のシングルのセンターになるわけですね。珠理奈も初めて3位になったので、まだまだ2位、1位と座れる席はあるので、ファンの皆さん応援お願いします」

また、指原が優勝スピーチの際「私を1位と認めてください」と訴えたことについて宮澤は「さっしーらしい」としたうえで、「初めて選挙を見させてもらい、応援してくださるファンの凄さを実感しました。ファンの皆さん、お疲れ様でした」と述べた。

また、今回は「卒業生」も出馬できたが、今後もそういった制度が適用された場合、宮澤は出馬するかと聞かれ、「1位取っちゃうかもしれないので、やめときます」と説明した。


『みのもんたのよるバズ!』はAbemaTVにて毎週土曜日20:00~21:50にて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000