石川県のカワイイ女の子が神スイング ケツバットがスゴすぎる

6月17日夜に『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネルで放送されたバラエティ番組『♯日本で一番カワイイ女の子をこの番組が、決めちゃうゾTV』で登場した石川県の美女が、豪快すぎる一振りを披露。男性視聴者の間で話題になっている。

「第二の松井(秀喜)を探す」というゴールデンエイジの二人が、北陸屈指の美人エリアとして知られている石川県へ。そこで街頭調査を行い、6人の石川美女を発掘することとなったが、VTRを観たKダブシャイン曰く「2年位したらキャバクラで働きはじめてるかもしれない」(ひなのちゃん)「前世、ラムネのビンだったんだよ」(あいちゃん)「10週目にして本命現るかもしれない」(しおりちゃん)「すごい鼻息荒いね」(まりえちゃん)栄養士にしとくのもったいない。なでしこJAPANに入れちゃう。」(ちひろちゃん)「(マッチョ男性じゃなくても)マッサージ器に寄っかかればそういうボコボコ感じられると思うけどね」「カフェ飯ってそんなに旨くないじゃん」(まいなちゃん)と、“らしい”コメントが飛び出すなど、この日も個性的な美女が数多く登場。

そうした中で最後に登場した27歳のカフェ店員・まいはちゃんは、マッチョな男性が好きだというだけあって、ゴールデンエイジにケツバットを見舞った際には、手渡されたバットを高く掲げて一気に振り下ろすという、オリックス・中島裕之を彷彿とさせる美しい打撃フォームで快心の一振りを披露。

こうした彼女の豪快なフルスイングに、強打されたゴールデンエイジ・ヤマトも悶絶しつつも「ホームラン」 認定。笑顔もケツバットもフルスイングの彼女に、多くの男性視聴者がときめきを覚えたようだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000