ネットで話題の「奇跡の切り絵」 大きな作品だと価格300万円も

n17日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、ネットで話題となっている“奇跡の切り絵”が紹介された。制作者のSouMa (そうま)さんをゲストに招き、作品の紹介とともに実演も。平面ではなくて3D、名付けて「立体切り絵」の見事さにスタジオからは感嘆の声一色だった。

スタジオで披露されたのは「Garden」という作品。

SouMa)扉があって、その向こうに庭とお城があるファンタジーな作品。できあがるまでにかかった時間は、大体1か月くらいです。カッター1本、一枚の紙でできています。

――“ぷちっ”て、途中で切っちゃったというようなことはないんですか!?

SouMa)20何年間やっていますけれどもないですね

――使っているのは、何か特殊なカッターなのでしょうか? 

SouMa)デザインナイフといわれている、一般的なもの。紙も普通の紙です。

――どうしてこういうことをしようと思ったのでしょうか?

SouMa)始めたのは6歳頃です。子供のころって手遊びするじゃないですか。その延長線上でこうなっちゃったという感じですね。家族にもいわず、隅に隠れてずっと切っていましたね。

■「羽」制作を実演!

SouMaさんはスタジオで、立体感があって短時間でできるものとして「羽」の制作を実演。「絵が下手なので下書きはあまりしない」というSouMaさん。切るときにカッターの先を斜めにし、立体感を出しながら鮮やかに切っていく。

SouMa)和紙でつくることもあって、素材によって切り方を変えます。普段は映画をみながらとか、電話をしながらやることも。

誰かに教えてもらったというわけではなく、美術部に入ったりとか専門学校に行ったこともないです。

――制作のペースは?

SouMa)オーダー作品が多いんですけど、多くて月に4個とか。なかなか大作をつくることはないですね。時間がかかるものは2、3ヶ月かかったりすることもあります。

――どういったオーダーが多いですか?

SouMa)ブライダル関係が多いですね。

(値段?)小さいものから大きいものまで、小さいものは10万円前後、大きいものだと2、300万円とか…。

個展は東京・中野区の中野ブロードウエーで今月26日まで開催。ぜひ、奇跡の立体切り絵の世界に触れてみてほしい。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000