UFOか?空軍基地の上空を飛来する謎の飛行物体が目撃される

アメリカのオハイオ州、<ライト・パターソン空軍基地>の上空を飛んでいた奇妙な飛行物体が、あるカップルによって撮影された。

同基地では、1947年~1969年に米空軍のUFO調査「プロジェクト・ブルーブック」が行われており、たびたびUFOとの関係が指摘されてきた。この調査の記録は、UFOの目撃情報12,618件が対象になっており、うち701件は未解明のままだという。

撮影された13分間の動画に映っているのは、ちょうど稲妻のような形状をした、グレーとブルーのツートンカラーの飛行物体。雲の間をゆっくりと移動し消滅していく飛行物体に、撮影者の女性は「あれは何なのよ?」「雲と一緒に移動しているみたい」「オーマイゴッド! 消えた」と興奮気味に話している。


この動画は専門家のもとへ送られたそうだが、同基地のスポークスマンは「UFOも撮影された飛行物体も、軍とは無関係だ」と否定しているようだ。

UFOの情報を紹介する<Secuteteam10>では、「特殊な風船では?」「まちがいなくUFOだ」などなど、様々な意見が飛び交っている。


【参照リンク】

http://www.inquisitr.com/

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000