具志堅用高、世界王座連続防衛戦で負けた理由「試合前に…」

14日に放送されたAbemaTVの芸能情報番組『芸能㊙チャンネル』に具志堅用高(60)がゲスト出演。そこで具志堅氏は「アイスクリーム事件」について語った。

13度の世界防衛を果たした具志堅用高。14度目の防衛戦で破れ、チャンピオンの座を奪われてしまうことになったのだが、その原因は「アイスクリーム」にあったのだという。


「試合前の計量後にアイスクリームを食べるんですよ。朝に計量をして夜試合だからね。計量が終わったら糖分を入れる。すると減量した分が戻る。でも、14回目の防衛の時に(スタッフから)取り上げられたんですよ…。コンディションが違う。アイスはやめた方がいい、と言われた。取りあげられた時点で『(今日の)試合終わった…』と思った」


なんでも具志堅にとって試合前のアイスクリームは特別なものだで、げんかつぎ的な意味あいだけでなく、糖分摂取の意味でも重要だったそうだ。


「本来は計量が終わり、食事取ってからテンションが上がる。アイスクリームが勝負に勝つ食べ物だったのに…」

具志堅は当時を思い出して悔しそうに語った。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000