円楽に車が汚いといわれたFRIDAY編集部 「汚いどころじゃない」

 6月10日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が、落語家・三遊亭円楽(66)の不倫をスクープ。相手は40代の一般女性とのことで、円楽は同日には会見を開き、「彼女に非はない」などと謝罪。


同日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』では、会見にも駆けつけた芸能リポーターの菊地真由子氏が、フライデー編集次長の小柳津氏に生電話。スクープの“裏側”を聞き出した。


――すごいですね、今週のフライデーは。

小柳津氏:(円楽の不倫ネタは)先週出る予定だったんですけれども、長友選手と平愛梨さんの(熱愛の)件があったので、1週延びたんですよ。その間にホテルに行かれたので、写真が撮れたんですよね。当初は、銀座を2人で歩いているところとか、ゴルフにいく写真などだ


――どうして円楽さんをターゲットに?

小柳津氏:落語界では円楽さんが女性を連れ歩いていることが割と話題になっていたんです。ウチも目撃したことがありまして、いちど。ちょうど笑点の司会が替わるということで話題になっていましたので、そのタイミングで狙った感じですよね。


――記事に、円楽さんをFRIDAYの取材車で東京駅まで送ったとあるが?

小柳津氏:取材途中で新幹線の時間を気にし出しましてね。車のなかで、奥様に電話されたりとか、必死にいいわけをしていましたよね。ものすごい、本当ににオロオロして。でもやっぱり噺家ということで、こちらに対してはギャグでみせたりとかされていましたね。


――今日の会見場にもFRIDAYの記者さんたちがいらしていて。円楽さんが「きみたちも仕事だから」と、最後お見送りして握手までして。

小柳津氏:車に乗り込んできたっていうのは本当に珍しいですよね。


――FRIDAYの車、汚いよっていじられていましたよ?

小柳津氏:汚いどころじゃない、ものすごく汚い。そのなかで暮らしているような状態で張り込んでいますからね(笑)


――ラブホテルにいくのはびっくりしましたね。

小柳津氏:そうですね。(派手な街ではない)錦糸町というところも。


――ラッキーということなんですかね?写真がとれたというのは。

小柳津氏:ラッキーパンチですね、完全にこれはね。


――“終わる”までホテルの前で待ってるんですか?

小柳津氏:思ったより早く出てきちゃったんですよ。油断していたら、1時間ちょっとで出てきちゃったんですよね。


なお、謝罪会見で円楽は、妻が「泳がせてくれる人」で、「動きを干渉しない」タイプであったことに甘えたと反省。

相手の女性については、「グループで会いますよ、堂々と。僕が守ってあげなきゃ彼女にも失礼じゃない。これで僕が会いません、もう何もしませんじゃ可哀想だろ? 男として。愛情っていうのはあっていいわけじゃない。いけないのは浮気っていう部分でしょ」と、これからも仲間としては関係を保つことを明言。

「一般女性なんで後は追わないでください。私は守る、堂々と話しますよ。そうしたら仲間もあったかく接してくれると思う」と話した。


なお、会見に行った菊地氏によると、円楽が家で「身から出た錆だな」とつぶやくと、妻からは「錆も味になるわよ、がんばって」と言われたというエピソードが披露されたとのこと。「そういわれるともう何も突っ込めない」と、芸人の妻としての姿勢に敬意を表していた。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000