間寛平、壮絶アースマラソンを振り返り「千倉港に1度逃げてる」

AbemaTV『AbemaPrime』9日の放送回に、お笑いタレントの間寛平が出演。自身が体験したアースマラソンや、“最近ハマっていること”について語った。

■もはや伝説。寛平といえばアースマラソン

アースマラソンとはマラソンとヨットで世界一周するチャレンジ。2008年12月17日に、大阪からスタート。千葉まで走り、千葉からヨットで太平洋をわたり、途中、前立腺がんを発症するなど闘病しながらも2011年、2年1か月をかけて4万1000キロを走破した。


寛平:何回も死にかけたのは冬の太平洋です。元旦に千葉から出たんですよ。マネージャーのちっちゃい古いヨットで行ったんですけど、手動なんです。みんな知らないでしょ? 太平洋のど真ん中。おっそろしいですから。1時間くらいしたらもう10メートルくらいの波。ずっと、生きるか死ぬかです。


――引き返そうとは?


寛平:思わなかったですね。帰るわけにはいかんやろ。積んでいたパソコンに「今はやばい、逃げろ」っていう連絡が入るわけですよ。そう言われても、どこに逃げていいかわからん。でもここだけの話、実はあんまりにも海が荒れてやばかったから、千倉港に1度逃げてるんですよ。


――寂しさはあった?


寛平:それはないね。涙が出てしゃあなかったね。太平洋とはすごいな、と。人間を養っているんやと。すごすぎて。


■マラソンの次に夢中になっていることが、木登り


――いつから始めたのですか?


寛平:3年前から。ずっと木に登っているんですよ。


――始めた理由・きっかけは?


寛平:たまたま家の前の公園の木に。子供の頃登っていて、登れるかなって。なかなか難しいんですよ。どこからどう登るのかとか、計算も必要だし、体力もいるし。危ない危ないいうけど、大丈夫ですよ。


――何を目指しているのでしょう?

寛平:いろんな木にのぼること。すごいわかったんが、木ってめっちゃ固いです。めちゃ痛いよ身体。でも、下と上との会話ってめっちゃオモシロイんですよ。登っていって、おっちゃんとかおばちゃんと朝散歩している人に、上から「ワ〜」って言って話かけたりね。見える景色が全然ちゃいますよ。


――頻度は?


寛平:1日1本、365本登ろうと思ったんやけど、冬は寒い! でも100本くらいは登りたい。


――「日本木登り協会」を設立したそうですが、どうやったら会員になれるのでしょう?


寛平:僕がOK出したら会員になれる。次長課長の河本準一、中川家の剛、テンダラーの浜本が会員。


--明石家さんまさんは登らない?


寛平:さんまちゃんにめっちゃ怒られました。何してまんねんって。


今度の相手は陸でも海でもなく、木。ただ自然、地球に“素”で向き合う姿勢は変わらず、寛平らしいといえば寛平らしい。


■寛平、木登りのイベントを開催

・「寛平埋蔵樹 木のぼりトレジャーハンター」

「寛平埋蔵樹」とは、寛平が隠れている木のこと。どこの木なのかは、寛平がツイキャスによる生中継にてヒントを出す。寛平埋蔵樹を誰よりも早く探し出し、さらに木の下で、寛平がTwitterで発表する“木ワード”を叫んだ1名に現金3万円をプレゼント、90分以内に寛平埋蔵樹を誰も見つけることができなければ、キャリーオーバー。6月25日(土)、兵庫・宝塚市で開催予定。風を引かない程度の雨であれば決行するとのことだ。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000