天津・木村、自称テレ朝局長にエロ詩吟封じられる

9日に放送されたAbemaTV『AbemaPrime』に、お笑いコンビ・天津の木村卓寛がゲスト出演。木村が同番組に出演するのは2回目だが、初回出演時は「ドッキリだと思っていた」という。というのも、マネージャーから「インターネットのニュースに出ます」程度の軽い説明しか受けてなかったのにも関わらず、「ぴっちりスーツのメンバーが揃う、壮大なセットに迎え入れられ、2時間お願いしますと言われて…」と、状況が状況だけに複雑な心情だったことを説明。戸惑いの中、言われるままにエロ詩吟を披露しつつ、およそ2時間のうち1時間は半信半疑だったことを明かした。

そして、この日もエロ詩吟をリクエストされたが、「報道番組なのでエロは…」と何やら表情の固い木村。いつもと違う様子の後輩を見た、同じくゲストの間寛平に、「俺らはお笑いやで」とけしかけられるも、木村は「ちゃんとしたところを見せないと…」とかたくなな姿勢を崩さない。というのも実は放送前に、局長を名乗る男から「今日は絶対にエロ詩吟はやめてほしい。”お笑い”と”まじめ”のけじめをきちんとつけていきたい。周囲にリクエストされようと、上手く切り抜けてくれ」と木村は釘をさされていたのだ。

しかし木村が局長と思っていた男は「ニセ局長」で、自称・ただのイタズラ好きのおっさんだった。「ドッキリ大成功」というプラカードを掲げる小松靖アナと、おもむろにカツラを外す「ニセ局長」を見た木村は混乱しつつ「師匠は知らなかったんですか?」と間に確認すると、「知ってたよ」とあっけなく返された

また、木村は「メイクさんに、『世の中って世知辛いですね』ってめっちゃ言ってたんですよ」と「ニセ局長」に注意されたあと、愚痴をこぼしていたという。そして“エロ詩吟禁止令”がウソだったことに安堵した木村は、共演者からのリクエストを受け「いいんですね」と満を持してエロ詩吟を披露した。


やりなれてないのに〜

言葉攻めをしようとして〜

同じ台詞を4度言う〜

あると思います!


吟じ終えた後、瞬間スタジオは静寂に包まれ、木村は「あんまウケへんかった...」と、疲弊の表情を浮かべながら口にした。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000