小林麻央の病状 医療ジャーナリストが見解・展望を語る

フリーアナウンサーの小林麻央(33)が進行性の乳がんであると報じられ、夫である歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日、緊急で記者会見を開いた。会見で海老蔵は、1年8ヶ月前に人間ドックで乳がんが見つかったと話し、「かなりスピードの速いもの。なかなか大変なものではないかというご意見をお医者様からいただいています」とその病状を説明。「比較的深刻ではある」とした上で、抗がん剤治療を行っていることを明かした。


これについて同日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)で、医療ジャーナリストの森田豊医師が解説。

森田氏は「がんの発見のされ方は様々。今回のケースは、かなり進行した状態で見つかったのは確か」とし、「早期で見つかったがんであれば、その部分をすぐに手術することで治る。乳房だけではなく、遠くのリンパ節や、他の臓器、肺や肝臓に転移がある場合、乳房だけとっても他のところが悪さをするからあまり意味がない。おそらく、最初に見つかったときにかなり進行していた。海老蔵さんのお話だと『深刻な状態』ということから考えると、散らばったところ(のがん)を何とかやっつけて、最終的に残った乳房のがんを取り除くことを試みているのではないか」と、治療についての見解を述べた。


人間ドックでの定期検診を受けていたにもかかわらず、進行した状態でがんが見つかったことについて、森田氏は「多くの乳がんは、1年ごとに検診を受けていれば、早期の段階で見つかる。ただ、同じ乳がんでも顔つきが悪いものがあって、毎年検診を受けていても、1年の間の中で急激に大きくなってしまうものも、中にはある。稀ですけどね。もしかしたら、そういうものだったのかもしれないですね」との見方を示した。


また、30代前半と若い年齢でのがん罹患については、「普通がんは50歳以上で急増するんですが、乳がんは30歳以降から結構多くなってくる。子宮がんも20歳以降と言われていますから。乳がん、子宮がんは、20代、30代から検査を受けることが大事」と警鐘を鳴らした。


今後について、森田氏は「医療技術、抗がん剤の技術、効果なんかも進歩していますから、それで周りの散らばったところがやっつけられれば、手術ということで、根治も期待できるのでは」と見通しを語り、「今は外来で抗がん剤治療もできるようになってきているので、切れ味がいい抗がん剤と出会うことが大切。それに期待したい」とコメントした。


芸能リポーターのあべかすみ氏も「わたしたちは伝える立場なんですが、このように会見を開いてくれたんですから、あとは海老蔵さんの報告を待つような感じで、いいお知らせを待ちたい」と、今後を静かに見守っていくことを表明した。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000