海老蔵が緊急会見 妻・麻央は「進行性乳がん」で抗がん剤治療中

AbemaTVのAbemaNEWSチャンネルでは9日、歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)が都内で開いた緊急会見を生中継。海老蔵は妻の小林麻央(33)が乳がんを患っていることを明かした。

海老蔵によると、発覚は1年8カ月ほど前。人間ドックを受けたことから判明したのだという。かなりのスピードで進行しており、現在は抗がん剤治療をしているそうだ。


1年8ヶ月の間、妻の病を明かさないようにしてきたという海老蔵。先日、過労のため休養に入った麻央の姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(36)も、テレビの収録の合間をぬって麻央の元に通っていたのだという。

麻央を家族全員で支えてきた1年8ヶ月。海老蔵は「できればこのようにならずに(情報がもれることなく)元気になるまで、辛抱して我々家族が支えたかった」と語った。

しかし、その一方で「もう隠さないでいい」とホッとしている部分もあると海老蔵は語る。


病状が落ちつきだしているという麻央だが、「病気が治るまでは全面的に支える」と海老蔵。直前には麻央とLINEのやり取りもしたようで、その際にはかっこつけて『病気が治ってからも支え続けるよ』と送ったのだという。『逆に俺も支えてね』と付け足し、少し照れくさそうに笑った。


普段仕事をセーブすることのない海老蔵も「今年は休みをとって家族でどこかに行きたい」とのこと。最後は、海老蔵らしく「(そのときは)皆さん絶対に追いかけてこないでください」と記者に呼びかけた。


©AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000