双子モデルmimmam、独特な恋愛観を語る 「ともかく二次元が好き」

6月8日、若槻千夏(32)がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』第9回が放送された。今回はゲストにに雑誌「Zipper」専属の人気双子モデルmim(22)とmam(22)を迎え、中野の街を散策。その中で、姉・mamのちょっと変わった恋愛観が明かされた。

3人は独特のファッションを取り揃えるショップを巡ったり、ゲームセンターで対戦したりと中野を満喫。その後訪れたのは、以前mamの友人が働いていたという“男装カフェ”「カフェ&バー プリンス」。

中に入ると薄暗く静かな空間が広がっており、客を「姫」、店員を「王子」と呼ぶその妖しい雰囲気に圧倒される3人。

「mimmamが恋をする相手は男性なの?」と若槻。2人は「男性です」と声をそろえるが、mamは「男の子を好きになったこともあるけど、ともかく二次元が好きで。漫画も、ボーイズラブとかガールズラブを結構読むので、そうゆうのを理解してくれる人じゃないと無理ですね」と理想の相手について熱く語った。


そんなちょっとオタクな一面を持つmamに対し、妹のmimは「私はリア充系です」とキッパリ。それを聞いたmamは「私もリア充ですよ!」と反論した。

また、双子とはいえ何でも言い合うわけではないといい、mamが「mimに内緒で、こっそり付き合ってこっそり終わりました」と過去の恋愛を告白。また、「姉妹の仲はいいんですけど、実家にいれば会えるから、外では一緒に行動することが少ないんです」と独特の距離感を披露。

最後に人気の王子と集合写真を撮った3人。男装カフェを満喫し、「癒しを求めて行くといい場所かもね」と店を後にした。


©AbemaTV


『若槻千夏と生で行ってみた』は毎週水曜日 20:00〜22:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000