“ネット炎上の先輩”矢口真里、「クズ」として炎上中の芸人にエール

6月7日深夜に放送された『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネル『矢口真里の火曜The NIGHT』で、MCの矢口真里が“ネット上の炎上”について“先輩”としてアドバイス&エールを送り、視聴者の注目を集めている。


この日、番組のオープニングトークでは、矢口がスタジオへと向かう直前に、相方の岡野が日本テレビ系の地上波番組『解決!ナイナイアンサー』に出演、俳優の坂上忍から金を借りるという企画が放送されており、それをたまたま矢口が目撃したという話からスタートしたが、その中で内容が「ガチ」だったという岡野は、放送直後の話として、「さっき見たら、NAVERまとめみたいなやつで、“岡野のクズエピソード”“岡野のクズ人間について”というまとめができてて…」と、既に「クズ」としてネット上のまとめサイトにランナップされていたことを明かし、「すごい今、誹謗中傷…」と、誹謗中傷ラッシュであることを告白。すると、深刻そうに眉を潜めて語る岡野に対し、それを聞いた矢口は、「アハハハハ!マジで?ヤバい!」と手を叩いての大喜び。


しかし、その後「Twitterなどにもお叱りの…本当に真摯に…そうですね、こういう皆さんの、本当に有難いご指摘を受けまして、私も…」と襟を正す素振りを見せた岡野に、矢口は「やっぱり、下から這い上がっていくスタイルっていうのは、私もよくわかるんで、一緒に頑張ろう、岡ちゃん!…頑張ろう!お互いに!」「だっていきなり頂点とったら、上がないんですもの」とコメントし“炎上の先輩”としてエールを送るという、面白展開となった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000