SKE48佐藤すみれ、ヤバい妄想 「総選挙一位とか叶っちゃったら…」

「AbemaTimes」では、映画『燐寸少女 マッチショウジョ』で謎の少女リン役で映画初主演を果たした、SKE48で活躍する佐藤すみれにインタビュー。彼女が“妄想燐寸(マッチ)”を擦ると妄想が具現化するが、欲望、嫉妬、嘘が渦巻く妄想を具現化した人々は、思わぬ代償を払うハメに! 佐藤自身も、「もちろん願いはありますが、口には出せないですね(笑)」とか。自分自身のライフスタイルまでも見つめ直すことになる問題作について聞く。


――映画では初の単独主演ですよね! 出演が決まった時、いかがでしたか?

もうびっくりしました。小さい頃から芸能界で仕事をしているので、家族はいつも観に来てくれていますが、今回の映画のイベントとかけっこう前から観に来てくれると言っていたので、喜んでいると思います。メンバーの間でも応援してくれていいて、観に来てくれると思うので、うれしいですね。


――主人公のリンという少女については、どう理解して演じましたか??? 

原作を手にした時の感想は、最近流行っている2.5次元のような設定かなと勝手にイメージしちゃって、人間より人形っぽいとか感情が表に出ないとか固めてしまったんです。後で監督と相談して変えていくんですけど、なかなか抜けなくて大変でした。


――彼女のキャラクター設定上、演じる上で難しそうな点は多そうですよね。

セリフが棒読みに聞こえてしまうことでしたね。最初は、それがいいとすら思っていて、それがリンちゃんだと。正体がわからないけれど、気になってしまう存在みたいなことを思っていましたが、なんか違ったんですよね。それからは、何度も調整しましたね。


――リンは登場している時間が意外に長くないですよね。だけど、そのなかでもインパクト大だったのですが、どういう工夫をしましたか? 

(お客さんは)“リンは何者?”という感覚で観てくださると思うので、凍りつくような感覚が生まれればいいなとは思っていました。さまざまなシーンに、また出てくる! みたいな印象で、セリフも長くは語らない。言いたいことも一言にクールにまとめるような感じでしたね。

――ところで、うっかり具現化するとヤバイ! という妄想はありますか? 

それこそ、総選挙で一位になるとか、うっかり叶っちゃうとヤバイなって思いますね(笑)。一瞬、てっぺんに立ちたいとか総選挙で一位になりたいとか、アイドルだから一位になりたいとか思うけれど、わたしにはちょっと……。もちろん願いはありますが、口には出せないですね(笑)。


――あの高校生みたいな目に遭っちゃいそうと(笑)

そうですね(笑)。もしかしたら、この作品に出会う前は思っていたことがあったかもしれないけれど、いまはもう同時進行で副作用を考えてしまうみたいな(笑)。


――最後になりますが、映画を待っているファンにメッセージをお願いします! 

もともと細かいところまでこだわる性格なので、衣装とかアイデアを出してトコトンまで頑張りましたので、何回でも観てほしいです! わたしは普段は名古屋を拠点に活動しているので、全国公開が本当にうれしいです。よろしくお願いします!

映画『燐寸少女 マッチショウジョ』は、全国大ヒット上映中!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000