【調査】舛添都知事は辞任すべき?約7割が「辞めるべき」

舛添要一・東京都知事が自身の政治資金の不正疑惑について調査の途中経過を報告。「違法性はないが一部不適切」という発表をした。この件について、6日に放送されたAbemaTVの報道番組『Abema Prime』では、「第三者」である弁護士が登場し舛添氏の言い分について意見した。

舛添氏が辞任すべきと思うかどうかで番組が調査したところ「思う」が75%、「思わない」が14%、「わからない・答えない」が11%となった。

「第三者」による調査結果の結果は、「盆・正月の宿泊費(家族同伴の6件)」「レストランでの飲食(家族同伴の14件)」「政治資金で購入の絵画・版画」については不適切と判断され「湯河原で購入の下着・パジャマ類」「舛添知事の似顔絵饅頭」については適切と判断された。

舛添氏は、不適切とされた飲食費などは返金し、湯河原の別荘を売却することを明らかにした。舛添氏「生まれ変わった気持ちで都政に全力あげ、都民のために努力をして仕事をしたい」と意気込みを語った。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000