長友佑都と交際の平愛梨 恋の仲介役・三瓶との関係

タレント・平愛梨(31)と、結婚前提の交際が報じられたサッカー日本代表・長友佑都(29)。長友は平のことを「アモーレ」(愛する人)と呼んだが、平は長友を「ジョカトーレ」(選手)と呼んだという。

なお、今回2人の仲介をしたのはタレント・三瓶(39)だが、平は三瓶を親友と解釈しているのだという。あまりにも仲がいいものだから「こんな男女関係は成立するの?」とさえ言われることもあるほどだ。これに対して、AbemaTVの芸能情報番組『芸能㊙チャンネル』に6日に出演した芸能リポーター・井上公造氏はこう語った。


「実は、三瓶さんは、愛梨さんの事務所も、あまりにも親しいので大丈夫なのかな? と思っていたそうです。疑っていたそうです。でも、これは男女の仲ではないと分かった。愛梨さんがイタリアへ行くとか、試合を観に行くとかでも、三瓶さんがいると安心できる。事務所は今は『最高のボディーガードです』と言っているらしい。三瓶さんは素晴らしい人だと思う。彼がいなかったら成立しない関係だった」

しかし、男の部分が三瓶にもあったはずだとし「正直、僕は三瓶君の中には、長友さんという彼氏が出来る前は、自問自答した部分はあると思う。男だから。そこを押さえたのが、三瓶君がお友達でいられたことだと思う」とも語った。

なお現在、三瓶自身には彼女はいないようだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000