藤田二コルも大爆笑 FUJIWARA・フジモンが「ジェンダーレス男子」に変身

6月1日に放送した若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、旬なファッション情報をお届けする「原宿コーデ」のコーナーで「ジェンダーレス男子」を取り上げた。

番組では、インスタグラムで大人気のジェンダーレス男子「Usuke Devil(ユウスケ デビル)」さんを紹介。VTRで、Usukeさんが誰でもマネできるメイク術を紹介した。番組の冒頭からジェンダーレス男子になりたい、と言っていた藤本(FUJIWARA)。そこで、スタジオでは、Usukeさんになれるメイク用品を用意。ニコルがそれらを使って、藤本をメイクし「ジェンダーレスデビュー」することになった。

ニコルがメイクすると聞いて「大丈夫?ジェンダーレスのメイクできる?」と発する藤本。その不安をよそにニコルは早速、VTRでUsukeさんも使用していた「エアーブラシ」を取り出した。藤本は「こんなん使うのラッセンぐらいやろ!」とさらに不安を隠せない様子だったが、メイクがスタートした。

エアーブラシで肌がツルツルになった後、唇のメイクに移るニコル。45歳の唇に美容液を塗り、その後「濃いめのリップ」、そしてVTRで紹介されていた「TINT」というリップをつけたら…

下唇にリップをつけ、手が止まるニコル。雰囲気を察し藤本は「もうわかるで。この量じゃないっていうのは」と動揺。ニコルは、笑いながらも、手を止めず「にこるん流」メイクを続けた。

チークや、鼻を高くするメイク、アイシャドウなどを足していくニコル。先ほどつけたばかりで「4層目やで!」という藤本の声もムシし、グロスもさらに足していく。メイク中の二人に、紀アナが番組に寄せられたコメントを読み上げると「それもうジェンダーレスやなくてオネエやん」「(りゅうちぇるを文字って)ふじちぇる」という、藤本のイメージとは違う言葉が。「なんで『りゅうちぇる』にすんねん!『Usuke Devil』がいい言うたやんか!」と怒りを露わに。ニコルはお構いなしで「どこ足す?」とまだ付ける気満々。「メイクは引き算やからね」という藤本の言葉も届かず、顔に白色を足し「これ以ムリじゃね?!」という理由でメイクを終了した。

「26年前に、ジェンダーレス男子になりたくてこの世界に飛び込んだ」という藤本。念願叶ったはずだったが。

希望していた人気モデルの「Usuke Devil」似ではなく、芸人の「コウメ太夫」似になってしまい、「チッキショー!!」と叫んでいた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000