矢口真里に地下セクシーアイドル「ベッド・イン」が下ネタ口撃 「おっきい…」

5月31日深夜に『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネルで放送された『矢口真里の火曜The NIGHT』で、MCの矢口真里が“意外な弱点”について明かした。

この日、番組名物の『矢口認定アイドルを探せ!』のコーナーに登場したのは、バブル時代のセクシーアイドルをオマージュしたユニット「ベッド・イン」の二人。しかしその際に、彼女たちの口から飛び出した「なんてっ“勃って”アイドル」「セクシーアイドルさんに憧れてセルフプロデュースで一念“勃起”したセクシーアイドルなんです」という、下ネタ自己紹介を聞いた矢口。

「岡ちゃん、岡ちゃん、ちょっといい?…私、こう見えて、下ネタむっちゃ苦手なんです…」とうつむき加減で照れた様子を見せるひとコマが。これを聞いた岡野からは「ウソだろ!?」という驚きの声が、当のベッド・インからも「めんごめんごー」と謝りの言葉が飛び出す中、矢口は「すごい好きそうでしょ?下ネタ」「どうやってついていこうかと…」と、そのイメージとは裏腹に“意外な弱点”を持っていることを明かし、視聴者から注目を集めることに。

とはいえ、その後も下ネタを連発する彼女たちに慣れたのか、トークが進むに連れて、「おっきい…」と彼女たちが口走れば、すかさず矢口が「主語が抜けるとヤバいから!」と即座にツッコミを入れるなど、なんとも軽妙なトークを展開した矢口。その場ですぐにキャッチアップできる技術は、やはりプロフェッショナルならではのものと言えそうだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000