神木隆之介&佐野ひなこ ペアルックTシャツ(2149円)が完売

俳優・神木隆之介(23)とタレント・佐野ひなこ(21)の熱愛が、2日発売の『週刊文春』で報じられた。デート現場を押さえた写真には、帽子、パーカー、Tシャツ、サンダルと、全身ペアルックの2人がばっちり写っているが、2人の所属事務所は「仲の良い友人のひとり」と熱愛を否定している。

これについて取り上げた6月2日の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、2人のペアルックファッションについて言及。芸能リポーターの長谷川まさ子氏によると、2人が着用していた商品に、完売が続出しているという。


うさぎのキャラクターがプリントされているTシャツは、WEGOの「ダミー」というブランドのもので、2149円(税込)。クマのキャラクターが刺繍されたキャップは、「ハニーシナモン」というブランドのもので3240円(税込)で、どちらも本日の時点で完売しているそうだ。

『週刊文春』自体は6月2日発売だが、昨日、ひと足早くWEB上で記事を出したことで話題となり、たった1日で商品がすでに完売。この早さが、ペアルックデートのインパクトの大きさを物語っている。


最近は芸能人の間でもペアルックが流行しており、藤本美貴&庄司智春夫妻、杉浦太陽&辻希美夫妻、アレク&川崎希夫妻など、ブログで堂々とペアルックを公開している。

スタジオでもペアルックについて意見が飛び交ったが、MCの俳優・南圭介(30)は「がっつりペアルックっていうのは(ない)。家の中ならアリだと思うんですが。やったことはないですけどね」。番組MCを務めるサイバーエージェント社員の「みっつ」こと密山礼巳氏も、「目立たないような小物とかならいいのかな。こっそりと」とわかりやすいペアルックには消極的だった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000