小林麻耶、長期休養 スポーツ紙記者「復帰時期は早くても9月以降」

フリーアナウンサーの小林麻耶(36)が長期休養に入ることがわかった。5月25日のフジテレビ系『バイキング』の生放送中に体調を崩して緊急搬送。当初は1週間の休養予定とされていたが、復帰まで時間がかかるとみられる。

これについて、6月2日のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』に電話出演した、スポーツ報知の山田渉貴氏が詳細を明かした。

山田氏によると、生放送中に緊急搬送された際の状況は「相当危ないというか、周りも心配する状況だった」そうだ。復帰については、「昨日(6月1日)、事務所からFAXで『過労による体調不良が回復しないので8月いっぱいまでは休養を要する』というような内容があった。復帰は早くても9月以降という話」とした。スポーツ報知が独自に、小林がレギュラーを務める各番組の担当者にも取材したということだが、「どの番組も8月いっぱいはないという話」だという。

事務所の発表によると、医師の診断は「過労」ということだが、山田氏は「ご本人はすごく責任感が強い方で、事務所としては仕事のことは一切忘れて治療に専念してもらいたいと思っている。番組側も、出てくるときは100%の力で笑顔で出てきてもらいたいと。ファンの方もそうじゃないでしょうか」と慮った。

レギュラー5本を抱え、最近では歌を出したり、本を執筆したりと多忙だった小林。これに、番組視聴者からも「早く笑顔が見たいです」「精神的なものなのかな?」「頑張りすぎたんだね、きついよね」などと多数の心配の声が届いた。未だ、詳しい状況が明かされていないだけに、その病状が心配される。

また、小林の公式ブログは、スタッフによるコメントを掲載。そこには以下のように記されている。

「先月体調を崩し、休養させて頂いております弊社所属の小林麻耶は、過労による体調不良が回復しない為、当分の間すべての仕事を休ませて頂く事になりました」


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000