ケンコバ、火星大接近の影響でお天気お姉さんにあわやセクハラ

ここ10年で、火星がもっとも地球に接近するという”スーパーマーズ”。これを受け、5月31日放送のAbemaTV「AbemaPrime」のMC・ケンドーコバヤシが番組内で「どうりで普段よりムラムラすると思った」と語った。そのスーパーマーズを、イケキャスの青峰佑樹が中継……したのだが、この日はあいにくの曇り空により、肉眼で火星を見ることはできなかった。

青峰が「ボクに照れてしまいスーパーマーズは雲に隠れてしまった」とキザなコメントを発するも、スタジオはやや乾いた空気。続けて「ボクと一緒にスーパーマーズを見に行きませんか?」とコメンテーターとして出演した元NMB48の山田菜々を誘うも、あっさり断られた。

しかしながら青峰はそのあともめげずにケンドーコバヤシに同様の打診をすると「キミ、そういう趣味もあるのか。俺もゼロではないから……行く?」と気持ちが盛り上がっているケンドーコバヤシを誘うことに成功していた。

番組のお天気コーナーでは、おなじみのIカップお天気お姉さん・穂川果音が、抗酸化作用の強いバナナと、ポリフェノールが豊富なコーヒーを日焼け対策として紹介した後、そのままバナナを指し棒変わりにして天気予報を行った。

それを見た”スーパーマーズモード”が継続しているケンドーコバヤシの「そんなにバナナがしっくりおさまる手ははじめてです……」と暴走気味な一言を、キャスターの小松靖が「次にいったほうがいいですね」と遮る一幕も。

ちなみにスーパーマーズは日没とともにのぼり、深夜には南の空でこの先一ヶ月間くらいは見ることができるとのこと。スーパーマーズとともに、向こう一ヶ月ほどのケンドーコバヤシの言動にも注目していよう。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000