「お前らが頑張ってもベッキーの穴は埋められない」サンミュージック芸人の悲哀

25日、映画のPRイベントに、サンミュージック所属のお笑い芸人・髭男爵、メイプル超合金、テル、ゴー☆ジャスが登場した。

サンミュージックといえば、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との不倫で休業中のベッキー(32)の所属事務所。同イベントで、メイプル超合金のカズレーザー(31)は、「大黒柱というか全部の柱がなくなった」とコメントし、髭男爵の山田ルイ53世は「事務所はどん底です。柱が無くて建築法違反状態」と、事務所の稼ぎ頭であるベッキーの不在を嘆いた。

このニュースを26日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』ではピックアップ。出演した芸能リポーターの菊池真由子氏は、「ベッキーはテレビラジオのレギュラー11本、CM10本あった。サンミュージックには、森田健作、太川陽介、カンニング竹山、安達祐実など有名な芸能人が多数いるが、レギュラー数、CM数でベッキーは桁違い。噂では、事務所の売り上げの3分の1がベッキーと言われている」と、サンミュージックの状況を説明した。


また、菊池氏によると、サンミュージックの芸人は一発屋が多いが、営業でかなり稼いでいるという。ダンディ坂野やヒロシなどで知られる。最近ブレイクを果たしたメイプル超合金のカズレーザーは、「去年は年収ほぼゼロだったけど、先月は32万もらった」と話し、収入がアップしているという。

それでもマネージャーに「お前らが頑張ってもどうにもならない。ベッキーの穴は埋められない」と言われたそうで、あまりのベッキーの穴の大きさに、スタジオでもどよめきが上がった。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000