藤田二コル、メイド姿に変身して「萌え萌えキュンキュン」

5月25日に放送した若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』。原宿の街をレポートする「中継のコーナー」で、水曜キャスターの藤田ニコルが魔法の国から中継した。

ニコルがやってきたのは、原宿のメイドカフェ「CANDY」。入店すると、「お帰りなさいませ、お嬢様〜」とメイドカフェならではの挨拶。そして、フリフリの服装を身にまとい、ステッキを持ったメイドさんが登場した。ニコルが「メイドさんのお仕事って大変ですか?」と聞くと、メイドさんは「いつもご主人様とお嬢様が優しく人間界のことをいろいろ教えてくれるので楽しいですよ」と答えてくれた。

ニコルはそれに対し「やばいヤツいるよー」と、少し引き気味。さらにメイドさんの名前を聞くと「お砂糖の星から来た『ありす』と申します。よろしくお願いします」と可愛くご挨拶してくれたが、ニコルは「やばい。ちぇるちぇるらんど的な感じ?」と、その雰囲気に慣れない様子。オレンジジュースを注文すると、ありすさんが「るんるんオレンジ」と言いながら取りに行ったことにも、衝撃を受けていた。ところがー

注文したオレンジジュースに、ありすさんが「ありすの魔法で、美味しくなぁれ〜、美味しくなぁれ〜、萌え萌えぎゅー」とスティックをかざして魔法をかけた。そしてその「魔法がかかったジュース」を飲むと、ニコルは「おいしい。普通のオレンジジュースじゃないよ!」「いいなーメイドさん。うちもなりたいんだけど」と引き気味から一転し、キラキラした表情。どうやらオレンジジュースを飲んで、魔法をかけられたようだ。

エプロンとホワイトブリムをつけてメイドになったニコルは「うちもお仕事したい!」と言い出し、お嬢様(お客さん)にオムライスを出すことに。「るんるんオムライス」と言いながら、お嬢様の元へ行き「にこるん、るんるん、魔法をかけちゃうぞー!」とノリノリ。スタジオからは藤本(FUJIWARA)が「今までの中継もこれくらいノリノリでやってほしいけどね!」と突っ込むが、なんのその。オムライスに大好きなピカチュウの絵を描き「美味しくなぁれ〜、美味しくなぁれ〜、萌え萌えぎゅー」と、今度はニコルが魔法をかけた。さらに、お嬢様に「あーん」してあげ、「おいしいでしょ。普通のオムライスよりマジうまいっしょ。(うちが)作ってないけど」と、いつものニコル節も炸裂した。


中継後、メイド姿のままスタジオに戻ってきたニコルは、藤本にエプロンとホワイトブリムのお土産を持って帰ってきた。早速、藤本にそれらを装着。紀アナが「似合いますね!」と言うと「うそつけ!(されるがままの状況に)オヤジ狩りやで!」とキレ気味。ニコルが「カメラに向かって(萌え萌えキュンキュン)一緒にやろうよ〜」と誘うと、嫌がっていたが可愛く「萌え萌えキュンキュン」を披露。スタジオは、シーンとなり「ほらーおすべりになるやろ!」と藤本はスベったことにプリプリしていた。

ニコルは、習得したばかりの魔法を使いたいようで、スタジオで行ったラーメンの試食の際、積極的に藤本に「魔法かけてあげようか?」とアピール。しかし、藤本は「いらんわ!不味くなるわ!」と拒否。別のコーナーでも、話題になっているCMを真似するため、出演者でお水を飲むことに。ニコルはすかさず「お水おいしくしてあげよっか?」と藤本に提案するが「もうえぇって!萌え萌えすなや!」とまた拒否。最後は、番組終了間際に行う恒例の「原宿アベニューのポーズ」のあと、3人で「キュンキュン」を連発することに。ニコルはスタジオで魔法を披露できなかったが、楽しそうに本日の番組を終えていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000